« 各資産クラスのパフォーマンス 2024/3 | トップページ | 「なかの日本成長ファンド」「なかの世界成長ファンド」新規設定のお知らせ »

2024年4月 5日 (金)

MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2024.3月報


東証のETF 2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信の2024.3の月報チェックです。

2024/3 基準価額及び純資産額の推移

202404051

月末純資産総額は、456.89億円。

2024/3 基準価額と市場価格の乖離率

設定来の月別推移(単純平均)

202404052      

※2020-2022年は年平均、その他は月平均

3月の乖離率平均は、+0.30%。2024年4月は4営業日分のご参考です。

2024/3の日別推移

202404053

        ↑三菱UFJ国際投信さんの、基準価額、東証の市場データを元にNightWalker作成

雑談

当ETFとマザーを同じくするオルカンは、3兆円突破も時間の問題。一方こちらは400億円台。出来高も、今年に入って伸びがあるかと思いましたが、それほど勢いはなかったようです。期待して見守りたいと思います。

202404054

2024年4月は4営業日分の合計

今月は、月平均、デイリーともになかなか頑張ってます。ただ、いつ崩れるかはわかりません。これはあくまで平均。日々ではばらついており、若干、上方乖離傾向があります。自分が取引した日がどうなのかが勝負です。ETFに投資する人は、このバラツキを何らかの方法(王道は指し値)で吸収するのが課題です。

そんなこんなで、個人的にはETF版オルカンという選択肢は、なくなりました。

  (理由1)ファンド版オルカンの方が安い。
  (理由2)市場価格と基準価額の乖離を気にするのはめんどう。
  (理由3)分配金が欲しければ、定率で取り崩せばすむ。

とは言え、2559にもメリットがあります。

  • 株式と同じように取引でき、すぐ残高に反映する。
  • 分配金がありがたいと思えたりもする。
  • オルカンを買えない証券会社でもほぼ同等なものが買える。

最後のは、故・山崎元さんのご助言です。窓口系証券会社の口座しかない場合(ご高齢の方だとそういう方も多いでしょう)、2559と個人向け国債だけで良いと頑固に言い張れば、妙な商品を売りつけられるリスクは大きく減ります。

以上、今月の2559定点観測でした。知的好奇心の一環で、今後も本シリーズは継続します。

 

----------
2024年〜コメント欄は原則廃止しました。
X(旧ツイッター)をフォローいただければ幸いです。
https://twitter.com/nwalkerz

20230828nwbook

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 各資産クラスのパフォーマンス 2024/3 | トップページ | 「なかの日本成長ファンド」「なかの世界成長ファンド」新規設定のお知らせ »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.