« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/11 | トップページ | これから始める方向けガイドブック「新NISAかんたんスタートガイド (100%ムックシリーズ)」のご紹介 投資本とセットでどうぞ »

2023年12月19日 (火)

米国株式インデックスファンドの比較 2023/11

今月の米国株式インデックスファンドの比較です。

S&P500

<S&P500連動 比較対象:「信託報酬率0.1%未満」かつ「純資産総額100億円以上」> 

<S&P500連動 比較対象外> 

その他の指数

<CRSP USトータル・マーケット・インデックス連動>

<Morningstar 米国ターゲット・マーケット・エクスポージャー指数>

<MSCI USA インベスタブル・マーケット指数 連動>

<Solactive GBS United States 500 インデックス連動>

2023/11の比較 S&P500連動

「信託報酬率0.1%未満」かつ「純資産総額100億円以上」のファンドのみの比較です

スマホで見る時は必要に応じ横画面にしてくださいませ↓

2023/11 Slim S&P500 SBI S&P500 iShares My SMT
1ヶ月 7.59% 7.58% ★7.60% 7.56%
3ヶ月 1.73% ★1.76% 1.73% 1.71%
6ヶ月 ★14.62% 14.57% 14.60% 14.48%
1年 23.457% 23.38% ★23.463% 23.09%
3年 ★84.05% 83.31% 81.85% -
5年 ★130.77% - 126.44% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.09372%以内 0.0938%程度 0.0938%程度 0.0968%
純資産総額(百万円) 2,877,815 1,192,027 27,628 12,183
参考:前月純資産総額(百万円) 2,612,160 1,091,574 25,141 10,680
純資産総額前月差分 265,655 100,453 2,487 1,503

★は同一指数内で一番高いもの

  • リターンは月末基準価額から、私が単純計算。
  • コストと純資産総額は,当該月の月報または該当情報から転写。

米国株式指数の比較

ご参考として、わらわらと登場した米国株式指数連動ファンドのパフォーマンスの比較です。ファンドの優劣ではなく、指数の差を見るのが目的です。S&P500はSlim S&P500、CRSP USトータル・マーケット・インデックスは運用期間の長い楽天VTIを比較します。

2023/11 Slim S&P500 楽天VTI PayPay米国株式 Slim全米株式 S⽶国株式500
1ヶ月 7.59% ★7.869% 7.70% 7.867% -
3ヶ月 1.73% 1.39% ★1.97% - -
6ヶ月 14.62% 14.36% ★14.80% - -
1年 ★23.46% 22.10% - - -
3年 ★84.05% 75.25% - - -
5年 ★130.77% 121.75% - - -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.09372%以内 0.162%程度 0.0715% 0.09372%以内 0.05775%
純資産総額(百万円) 2,877,815 1,174,404 615 6,622 327
参考:前月純資産総額(百万円) 2,612,160 1,074,261 573 5,620 0
純資産総額前月差分 265,655 100,143 42 1,002 327

雑感

いきなり、身もフタもないことを書くと、大差はありません。もちろん条件はあります。

  • 低コスト。かつ継続してコスト削減に取り組んでいること
  • 純資産総額が大きく、償還リスクが低いこと

これが最低ラインですが、個人的には、有名なS&P500でいいんじゃないの?と。

  • S&P500の方が成績が良かったら→メジャーな指数を選んどいて良かった。
  • S&P500の方が成績が悪かったら→代表的な指数なんで、ま、そういうこともある、しょうがないよね。

とまあ、ある種の「みんなで渡ればこわくない」心理状態になれます。メジャーじゃない指数を選ぶと、成績不振の時に「あーやっぱりS&P500にしておけばよかった」みたいな後悔の念が押し寄せるような(笑)。

米国株関連で注視している、米国株式(S&P500)   年次リターンの平均回帰現象は以下の通りです。

Slim S&P500 オルカン
23.46% 20.99%

今月は、S&P500の勝ち。

<ご参考>

20230828nwbook

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/11 | トップページ | これから始める方向けガイドブック「新NISAかんたんスタートガイド (100%ムックシリーズ)」のご紹介 投資本とセットでどうぞ »

コメント

SP500の比較表にたわらSP500を入れていただきたいところです
My SMTよりもパフォーマンスが良くなかなか健闘しています
My SMTは主要ネット証券では取り扱いがマネックスだけ
たわらSP500はSBI、楽天、マネックスの全てで取り扱いがあり買いやすいです

投稿: | 2023年12月19日 (火) 11時21分

>? 様
コメントありがとうございます。お気持ちはわかります(^^;)。来月からピックアップの条件を見直そうかなー。信託報酬率をもう少しシビアにするとか。
それにしても、たわら、資金集まりませんよね。現時点で運用疑問符の楽天S&P500に純資産総額であっさり抜かれてますし・・・。

投稿: NightWalker | 2023年12月19日 (火) 11時41分

>ある種の「みんなで渡ればこわくない」心理状態になれます
 「赤信号」 灯ってないですかね  こんな言い換えもあります
 <神はいつも大軍の味方をしてしまう>
   悲しいですけどあたりでしょうね
利休の歌から
 <人のゆく裏に道あり 花の山>

 nisa 悩んでます 「皆んなが買うから俺も買う」と簡単に決める事ができないです おそらく 
>大差はありません
 が正解なのでしょうか  わからんけど
 
 何だか 大昔 妻と結婚する前の心もちと似てます

投稿: k | 2023年12月19日 (火) 14時25分

>k 様
コメントありがとうございます。
投資には信号機はないのでは? 赤信号ってわかったらいいのにw

投稿: NightWalker | 2023年12月20日 (水) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/11 | トップページ | これから始める方向けガイドブック「新NISAかんたんスタートガイド (100%ムックシリーズ)」のご紹介 投資本とセットでどうぞ »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.