« 身近な人から(手短に)投資のやり方を教えて欲しいと言われたら? | トップページ | 全世界株式&米国株インデックスファンドで楽天証券が勝負を仕掛けてきたけれど、現・楽天証券ユーザーのムスコはどうしようかなと考えてみるエントリー »

2023年11月 7日 (火)

MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2023.10月報

東証のETF 2559 MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信の2023.10の月報チェックです。

2023/10 基準価額及び純資産額の推移

202311071

月末純資産総額、307.40億円。

2023/10 基準価額と市場価格の乖離率

設定来の月別推移(単純平均)

202311072   

※2020-2021年は年平均、その他は月平均

10月の乖離率平均は、+0.74%。11月は3営業日分のご参考です。

2023/10の日別推移

202311073

        ↑三菱UFJ国際投信さんの、基準価額、東証の市場データを元にNightWalker作成

雑談

4月以降の乖離率は落ち着いてきました。ただ、上方乖離傾向は相変わらずですし、これまでの経緯を見ているといつ暴れ出すかはわかりません。本ETFが長期投資家のツールとしての信頼を取り戻すためには、あと数年、この数ヶ月のような、市場価格の制御を続けることが必要に思います。マーケットメーカーさんの地道な仕事の継続に期待しております。

個人的には、ETF版オルカンという選択肢は、なくなりました。

(理由1)値下げでファンド版オルカンの方が安くなってしまった。

  • ファンド版オルカン 年0.05775%以内(税込)
  • ETF版オルカン 年率0.0858%以内(税込)

(理由2)市場価格と基準価額の乖離を気にしても仕方がない(上述の通り)。

来年から始まる新NISAでは、どこかの年に2559を売ってSlimオールカントリーに集約することにしました。保有額もそんなに多いわけではないし、こんなことをちまちま気にするのは、インデックス投資家の本分ではありません。

(理由3)分配金が欲しければ、定率で取り崩せばすむこと。

ただし、知的好奇心の一環で、今後も本シリーズは継続します。

以上、今月の2559定点観測でした。

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 身近な人から(手短に)投資のやり方を教えて欲しいと言われたら? | トップページ | 全世界株式&米国株インデックスファンドで楽天証券が勝負を仕掛けてきたけれど、現・楽天証券ユーザーのムスコはどうしようかなと考えてみるエントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身近な人から(手短に)投資のやり方を教えて欲しいと言われたら? | トップページ | 全世界株式&米国株インデックスファンドで楽天証券が勝負を仕掛けてきたけれど、現・楽天証券ユーザーのムスコはどうしようかなと考えてみるエントリー »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.