« バランスファンドについて考える 2023 | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/7 »

2023年8月17日 (木)

新しいNISA制度の名前は「NISA」

本日は、良記事のご紹介。東証マネ部さん。

はじめに

2023年7月8日に開催された「インデックス投資ナイト2023」第2部、

 ”金融庁 総合政策局総合政策課 金融税制調整官の今井利友氏を迎えた勉強会「おしえて金融庁さん!『新しいNISA』」。2024年から始まる「新しいNISA」の制度設計を担当した今井氏に、新制度開発の裏側を聞いてしまおうという大胆な企画”

を紙面でお伝えしちゃおうという、ありがたい記事です。

写真もついてます。ぜひ、お見逃しのないよう。

  • 複数NISAの統合(総額管理)については、『つみたてNISA』のスタート時点から、裏で密かに検討開始していた。
  • 『総額管理が本当にできるのか?』という意見が出て、総額管理は一度ボツになった。
  • しかし、代替案として当初出した「2階建て方式」は不評。再検討し、とあるシステムエンジニアに聞いて実現性を確認。総額管理が可能になった。

けっこう、重要な裏話が語られています。統合されて本当に良かった。

大きかったのは、記事にも書かれていますが、簿価残高方式での管理=売っても簿価分は枠が復活するという制度です。

新しいNISA制度の名前は「NISA」

ところで、シンNISAとか統合NISAとか、いろいろな呼び方をしている、新しいNISAですが、

「実は決まっていまして、『新しいNISA』の名前は…『NISA』です! 既に皆さんに愛されて使われている名前なので、あえて違う名前にする必要はないだろうと。これまでは『一般NISA』『つみたてNISA』『ジュニアNISA』と分けていましたが、2024年からは『NISA』に一本化される予定です。ただ、2023年の間は現行のNISAと混同してしまうので、『新しいNISA』としています」

とのこと。

当ブログでは、

  • 2023年中は、シンNISA、または、新NISA
  • 2024年以降は、NISA

と呼ぶことにしたいと思います。

現在の課題についても言及があります。

”未成年がNISAにチャレンジできる制度を、何かしらの形で実現したい”

いわゆる「ゼロ歳NISA」。これは、ぜひ実現して欲しいですね。金額は、月1万円、せいぜい2万円でいいんですよ。

加えてお願いしたいのは、スイッチング。生涯投資枠の復活制度で、金額の少ないうちは対応できますけど、増えてくると売るに忍びない状態になりますから。リバランスは資産形成の必須テクニックだけに、ぜひ実現して欲しい。

当面、当ブログとしては、リスク資産間のリバランスが不要な「オールカントリー一直線方式」をオススメしておきます。

以上、東証さんのナイスな記事のご紹介でした。

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« バランスファンドについて考える 2023 | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランスファンドについて考える 2023 | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2023/7 »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.