« Slimシリーズ5兆円超え。オルカンの資金流入が、Slim S&P500を超える月も! | トップページ | SBIグローバルアセットマネジメントから国内最安の信託報酬のインド株式インデックスファンド登場! »

2023年8月23日 (水)

最近の個人向け国債 変動10年 利回り推移 2022−2023/8

最近の個人向け国債 変動10年の利回りを拾ってみます。

 

最近の個人向け国債 変動10年 利回り推移 2022−2023/8

20230823

個人向け国債って、最低保証の0.05%に張り付いているって言うイメージが抜けませんが、順調に上がってますね。このグラフを見ていると「植田日銀総裁って、よくやってる」と思ってしまう私です。

実は,マイナス金利の時の0.05%の方が、基準金利の0.66倍になっている今よりおトクだったわけですが、単純に金利が上がっている今の方がうれしいですよね(笑)。

個人向け国債 変動10年は無敵なのか?

個人向け国債は非常に良い商品です。メリットをつらつら書き並べると、

  • ペイオフ問題(銀行の預金保険は1000万円まで)があっさり解決できる。
  • 現時点では、おおむね、銀行の定期預金より利率が良い。
  • キングオブ無リスク資産。
  • 金利上昇局面に強い(普通の長期債券は金利上昇時に価格が下がる)

今のところ、無リスク資産としては、無敵です。これがダメになるときとは、マイナンバーで把握されている個人の海外資産の心配、あるいは命の心配をしなければならなくなるときでしょう。そうなったときにどうするかではなく、そうならないように努力すべきと愚考致します。

そんな個人向け国債変動10年ですが、弱点もあります。それは、上の逆。

  • 長期金利(基準金利)が上がって、長期債券の期待リターンが明らかにプラスに転じたとき

に訪れるはずです。

この場合は、ポートフォリオに長期債券を組み込むべきなんでしょうね。では、その金利水準がどの程度なのか? 1%? 2%?

その前に、日銀が、デフレ再燃のトラウマから開放され、とりあえずYCCを完全にやめ、日本株ETFの売却オペに着手し、ゼロ金利を止め・・・、心配はまだ先かなあ。

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« Slimシリーズ5兆円超え。オルカンの資金流入が、Slim S&P500を超える月も! | トップページ | SBIグローバルアセットマネジメントから国内最安の信託報酬のインド株式インデックスファンド登場! »

コメント

個人向け国債変動10年、8月募集分の初回利率は0.39%です。

ちょっと前まで、利率は0.05%でしたから
 0.39/0.05 = 7.8
なんと7.8倍増です。

>長期金利(基準金利)が上がって、長期債券の期待リターンが明らかにプラスに転じたとき

そのときは個人向け国債を売却して、新窓販国債又は既発国債を購入すると思います。(いつだろう・・・)

投稿: tama | 2023年8月23日 (水) 02時14分

「¥125 trillion yen」

「ブルームバーグの試算によると、日銀が国債買い入れオペを縮小しない限り、今年の日銀の買い入れ総額は124兆6000億円に達する見込み。これは2022年から12%増加した水準だ。YCCが開始された16年の前回最高値からは4.5%増えることになる。」(8/21ブルームバーグ)

日銀は必死になって、日本国債を買い支えているのは何故?これ以上長期金利が上昇すると、日本が壊れるから?。もう日銀は「買いオペしか」打つ手がない、と素人には見える。(自ら金利操作は出来ない)

無敵の安全資産はもうボロボロ寸前、日本がこの先どうなるかは「神のみぞ知る」素人には、「個人型国債」を保有するより「ドルETF」がましに思える。

投稿: オークX32 | 2023年8月23日 (水) 09時05分

>tama 様
コメントありがとうございます。
>いつだろう
それが問題ですね(^^;)。

投稿: NightWalker | 2023年8月23日 (水) 10時37分

>オークX32 様
コメントありがとうございます。
>日銀は必死になって、日本国債を買い支えている
という政策の副作用も、本来は市場機能で長期金利や株価に反映されなければいけませんね。そういう意味で、YCC や日本株に偏ったETF購入は、歪みを持った政策だと思います。

>安全資産
ここでの論点は、安全資産ではなく、無リスク資産です。リスク=標準偏差。

>「個人型国債」を保有するより「ドルETF」がまし
性格の異なる両者のどちらかを選択するという話ではなく、資産配分では?
「まし」の定義のひとつが、「リスク(標準偏差)」に対する「期待リターン」。そしてそれらを組み合わせた場合のリスクリターンで、組み合わせる資産間の「相関係数」で決まります。

「リスク」に見合った「期待リターン」の小さい資産(たとえば、現在の日本の長期国債)はダメだと私も思います。

長期国債、短期債券、個人向け国債は、どれも名前は債券ですが異なる資産クラスと考えます。

投稿: NightWalker | 2023年8月23日 (水) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Slimシリーズ5兆円超え。オルカンの資金流入が、Slim S&P500を超える月も! | トップページ | SBIグローバルアセットマネジメントから国内最安の信託報酬のインド株式インデックスファンド登場! »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.