« 混沌としてきた全世界株式クラスのインデックスファンド 2023/6 | トップページ | サクっと直販投信の時代? 攻めるSBIアセットマネジメント 日本株式インデックス型公募投資信託 2 ファンドの募集・設定のお知らせ »

2023年6月19日 (月)

米国株式インデックスファンドの比較 2023/5

今月の米国株式インデックスファンドの比較です。

比較対象

<S&P500連動> 

<CRSP USトータル・マーケット・インデックス連動>

2023/5の比較 S&P500連動

スマホで見る時は必要に応じ横画面にしてくださいませ↓

2023/05 Slim S&P500 SBI S&P500 iShares My SMT たわら
1ヶ月 6.13% ★6.14% 6.13% 6.10% 6.12%
3ヶ月 8.65% 8.59% ★8.67% 8.58% -
6ヶ月 7.71% 7.69% ★7.73% 7.52% -
1年 ★11.82% 11.75% 11.61% 11.67% -
3年 ★87.56% 86.77% 84.90% - -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.09372% 0.0938%程度 0.0938% 0.0968% 0.09372%
純資産総額(百万円) 2,112,744 913,418 19,167 5,988 188
参考:前月純資産総額(百万円) 1,959,341 852,927 18,308 5,406 84
純資産総額前月差分 153,403 60,491 859 582 104
2023/05 iFree Smart-i
1ヶ月 6.12% 6.09%
3ヶ月 8.62% 8.59%
6ヶ月 7.64% 7.50%
1年 11.66% 11.38%
3年 86.69% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.2475% 0.2420%
純資産総額(百万円) 97,836 7,221
参考:前月純資産総額(百万円) 90,431 7,091
純資産総額前月差分 7,405 130

 

2023/5の比較 CRSP USトータル・マーケット・インデックス連動

2023/05 楽天VTI SBI VTI
1ヶ月 ★6.164% 6.151%
3ヶ月 ★7.10% 7.06%
6ヶ月 ★6.76% 6.73%
1年 10.66% ★10.68%
3年 83.03% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.162%程度 0.0938%程度
純資産総額(百万円) 920,332 152716
参考:前月純資産総額(百万円) 854,714 142797
純資産総額前月差分 65,618 9919

--------------

★は同一指数内で一番高いもの

  • リターンは月末基準価額から、私が単純計算。
  • コストと純資産総額は,当該月の月報または該当情報から転写。

雑感

年次リターンでは、S&P500では、SBI S&P500、CRSPではSBI_VTIが最優秀でした。

追い上げが目立つのはiShares。信託報酬率値下げの効果が見えてきた感じです。SBI運用陣もがんばってます。Slimは、一強時代の終焉の前に、VOOと同等の信託報酬率(経費率)を目指して欲しい。それができれば、海外ETF勢は全滅です。

純資産総額は、eMAXIS Slim S&P500が最強、第二集団は楽天VTIとSBIV S&P500が続き、この3本で米国株式インデックスファンド市場をほぼ占拠(全体の93%)しています。

米国株関連で注視しているのは2点。ひとつは、S&P500連動ファンドとたCRSP USトータル・マーケット・インデックス連動ファンドの年次リターンの差。もうひとつは、 米国株式   年次リターンの平均回帰現象。

Slim S&P500 オールカントリー
11.82% 10.43%

おっと、今月は、米国株が盛り返してきてますね。

<ご参考>

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 混沌としてきた全世界株式クラスのインデックスファンド 2023/6 | トップページ | サクっと直販投信の時代? 攻めるSBIアセットマネジメント 日本株式インデックス型公募投資信託 2 ファンドの募集・設定のお知らせ »

コメント

最近は円安為替の影響もあってか、米国だけでなく海外株式ファンドの値上がりが急激ですね。
かくいう自分も、海外株式クラスの上昇の影響でポートフォリオ全体の配分が大きく変わってきました。
ちょうど年2回のリバランスの月でもあるんで、長年にわたって十分値上がりしてくれた旧SMTさんともこのあたりでお別れしようと思案しているところです。
利益が大きいだけ売却時の税金も増えますけど、これは仕方ないことと割り切って。

投稿: やま | 2023年6月19日 (月) 09時12分

>やま 様
コメントありがとうございます。
リスク許容度最優先。いつかは支払うと思うしかないですよね。20年間にシンNISAがあれば・・・と思う今日この頃です(笑)。

投稿: NightWalker | 2023年6月19日 (月) 12時37分

正直どれも一緒?なら2兆円ある方にしますよね?消費税があがるとファンド・オブ・ファンズの方が優位なんでしたっけ?そこにかける人もいますかね。

投稿: ファイ | 2023年6月19日 (月) 13時55分

ファイ様
コメントありがとうございます。
現状は、大差ないですよね。やはり、VOOの0.03%を目指して欲しい。
>消費税があがるとファンド・オブ・ファンズの方が優位
外国投信部分の経費率に消費税がかかってないという点でしょうか? VOOの経費率が0.03%ですから、影響は小さいかと。

投稿: NightWalker | 2023年6月19日 (月) 15時17分

ランダムウオーカーさんのフェイスブックで投稿できないので
広告ブロック外しのお知らせがあまり多くはありませんか?
まあ、のぞかなければいいのではといわれればそうかもしれませんが

投稿: | 2023年6月19日 (月) 22時07分

>?様
私は、ランダムウォーカーではないのですけれど…。

投稿: NightWalker | 2023年6月19日 (月) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 混沌としてきた全世界株式クラスのインデックスファンド 2023/6 | トップページ | サクっと直販投信の時代? 攻めるSBIアセットマネジメント 日本株式インデックス型公募投資信託 2 ファンドの募集・設定のお知らせ »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.