« 海外の「非課税制度」を見てみると・・・? | トップページ | 新しいNISA制度の説明の順番って大事だよね、という話。 »

2023年3月15日 (水)

資産形成に向いている投資商品とは何かについての私の整理 2023/3

ニッセイ基礎研究所さん。

はじめに

論考の要点を箇条書きにしますと、

  • 資産形成に向いているのは、プラスサムゲーム
  • 具体的には、債券、株式と不動産
  • でも、短期売買に使えばゼロサムゲーム(手数料によってはマイナスサムゲーム)

特に

”株式はインカム(配当)と長期的に価値が増加していく仕組みの両方が期待できる”

としています。何に投資をしたらよいか迷う人には

”良質な投資商品が数多くある現行つみたてNISA、新NISA(つみたて投資枠)、確定拠出年金制度(企業型DC及び個人型のiDeCo)等の税制優遇諸制度の対象である投資商品から選択”

とのアドバイスです。

資産形成に向いている投資商品とは何かについての私の整理

ニッセイさんの論考の資産形成に向いている投資商品(1)債券(2)株式(3)不動産。それぞれについて今の私がどう考えているか整理してみます。

(1)債券

 今は金利が低い(債券の利益の源泉であるインカムが少なすぎる)ので投資しない。リスク調整のツールとしては、個人向け国債とキャッシュで代替。金利が上がったら考える。

(2)株式

これが本命。ニッセイさんの論考にはないが、低コスト、世界分散が重要。つまり、オールカントリーがあれば十分。あれこれ考えても自己満足はあっても成績に大差はない。「下手な考え休むに似たり」。あるいは「下手な考えやらなきゃ良かった」になる。

(3)不動産

持ち家があるのでお腹いっぱい。帰属家賃は立派なインカム(ニッセイさんの記事にもそういう主旨のことが書いてある)。オールカントリーにもREITは含まれている。現在はそれ以外にもREITを保有しているが、整理する予定。

持ち家するしないは、損得ではなく、長く(50年オーダー)住むかどうかがポイントなんじゃないかと。

以上です。こう考えると、個人向け国債+オールカントリー+長く住めるなら持ち家で十分ってことになります。あとは定期預金含めたキャッシュ。

こんな風に考える今日この頃です。

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 海外の「非課税制度」を見てみると・・・? | トップページ | 新しいNISA制度の説明の順番って大事だよね、という話。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海外の「非課税制度」を見てみると・・・? | トップページ | 新しいNISA制度の説明の順番って大事だよね、という話。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.