« ドシロートがプロに勝つためには? | トップページ | 2500万アクセス御礼! »

2023年2月10日 (金)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2023.1の月次報告

我が家のオススメファンド、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。2023.1の月次報告です。

2023/1 ベンチマークとの乖離率

2023/1 ファンド ベンチマーク
過去1ヶ月 4.2% 4.3%
過去3ヶ月 -3.6% -3.5%
過去6ヶ月 0.0% -0.2%
過去1年 5.0% 5.1%
過去3年 43.1% 43.1%
設定来 67.0% 66.9%

今月の年次リターンのベンチマーク差異は、プラス0. 1%でした。

2023/1 純資産総額 

今月は、8,527.01億円。直近の2/9現在、8,894.95億円9000億円に迫る勢いです。

  202302102

                           右端、緑の棒グラフは、1/13付け

2023/1 資金流出入金額

今月の資金流入は、429億円。2月の途中経過は、〜2/9までで(右端、緑の棒グラフ)188億円。

202302103

本ファンドには、毎月第3営業日あたりでまとまった資金流入があります。直近では、第3営業日の2/3に125.48億円の資金流入がありました。積立て投資の資金と推定され、長期資金流入のバロメータのひとつと見ています。

202302104

    ※資金流出入の計算
毎日の騰落分を調整した毎日の純資産の増減を月単位に累計。(当日の純資産額)ー(前日の純資産額×(前日からの騰落率+1))を月単位に累計することで筆者が推計。

<ご参考エントリー>

今月の雑感

投信ブロガーが選ぶFund of The Year2022では、4年連続となる第1位。

相場が安定すると一気に純資産総額が伸びていきますよね。1兆円ファンドになる日も近い。運用会社的には、最初は躊躇していたであろうこのファンド。作って良かったでしょ、といいたい。そんな成長ぶりであります。

こちら↓の表(交付目論見書より)の通り、1,000億円超の部分は若干ですが信託報酬が下がります。結果、全体としての信託報酬率も下がる仕組み。純資産総額の増大はファンドの継続性を担保するだけではなく受益者のリターン面にも貢献します。

202010104

今月の組入上位10カ国・地域は以下の通り。 

202302106

オールカントリーは究極の株式分散形態。

  • 市場が効率的であるならば、時価総額分散が最も合理的というCAPMの帰結
  • 銘柄分散だけでなく、通貨分散もされる。

後者の視点は大事です。

オールカントリーは、常に次善の策、平均点。だから長期になると強い戦略なのであります。このことが10年後20年後(私生きてるかしら)に実証されているか否か。それを楽しみにウォッチを続けたいと思っております。

----------

配当込み指数に連動しているので複利の面からも望ましく、コストも激安。ベンチマークも明解ですから客観的に評価できます。かつては望むべくもなかった、ほぼパーフェクトなスペックのファンドです。最近は、「本ファンドを積み立てています」とおっしゃる方が私の周りでもたくさんいらっしゃいます。そんなみなさまの一助となるべく、当ブログは気を抜かずウォッチを続ける所存です。

三菱UFJ国際投信さんには、丁寧な運用と説明でその支持に応えて欲しいと願っています。

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« ドシロートがプロに勝つためには? | トップページ | 2500万アクセス御礼! »

コメント

おすすめのeMAXIS Slim 全世界株式で、つみたてNISA口座と特定口座で毎月22万円つみたてています。
新しいNISAが始まる来年からは、つみたて枠の方は毎月10万円、成長枠の方は年1回240万円を、それぞれ5年間積み立てる計画です。
質問です。
運用手数料が同程度なら、全世界株式の異なる指数のMSCIとFTSEのインデックスファンドをそれぞれ買って行くの方法はどうでしょうか? ほぼ変わらない感じのリターンだと思いますけど、運用にミスがないとも言い切れませんので、運用会社に対するリスク分散と考えているからの発想です。
よろしくお願いします。

投稿: インデックスファンド素人 | 2023年2月11日 (土) 03時27分

>インデックスファンド素人様
コメントありがとうございます。
両者の違いはふたつあります。
(1)分散の度合い。(FTSEの方が銘柄数が多い)。
(2)現在あるFTSE連動ファンドはFOF(FOE)形式のため、ファンドにもよるが、コスト面では常に若干不利。

ご指摘のような運用ミスはあんまり心配ないのでは?

注意点は、中短期のパフォーマンスで判断しないこと。長期的な期待リターンは、同じようなものと思います。そういう意味では、両者の間でリバランスする戦略が有効そうにも思えますが、そんなに差が出ずリバランスすべき差が出ないかもしれません。
個人的には、どう割り切るか、と考えています。

ご参考記事。毎月ウォッチしています↓
http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2023/01/post-dfdd76.html

投稿: NightWalker | 2023年2月11日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドシロートがプロに勝つためには? | トップページ | 2500万アクセス御礼! »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.