« となりの人はインデックス投資をもう始めていたという状況 | トップページ | 新しいNISAになっても、長期・分散・低コストは変わらない。 »

2023年1月17日 (火)

異常事態? ETF版オールカントリー2559の基準価額と市場価格の上方乖離が拡大。


毎度おなじみETF版オールカントリー、MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信の「基準価額と市場価格の乖離率」が、ちょっと看過できない状況になっています。

ETF版オールカントリー2559の基準価額と市場価格の上方乖離が拡大。

202301171

1月は1/16までの平均。例によって、デイリーにも見てみます。

202301172

連日2%越え…。

上方乖離ですから、割高で買わされる状況が連日続いています。逆に言えば、割高に売れるという意味合いでもあります。もし、新しいNISAが始まっている来年にこんなことになっているのなら、ETFを売って、ファンド版のオールカントリーにすかさず乗り換えちゃうかも(^^;)。

なんでなんでしょうねー。原理原則からすると、市場参加者が値を釣り上げてしまっている一方で、マーケットメイカーが押さえ切れていないわけで。日銀のYCCショックの影響が投資家の行動に現れでもしたんですかね?

個人的には、長期投資の目的でオールカントリーを選択する方は素直にファンド版を買うべきだと思う次第です。たかが資産形成ですから、こんなことをマニアックに分析しても仕方がないかなと。というか、よくわからないし(^^;)。

今回は、短いですけど「現場からは以上です」という注意喚起エントリーでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« となりの人はインデックス投資をもう始めていたという状況 | トップページ | 新しいNISAになっても、長期・分散・低コストは変わらない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« となりの人はインデックス投資をもう始めていたという状況 | トップページ | 新しいNISAになっても、長期・分散・低コストは変わらない。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2023 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.