« 金利上昇時に最初に考えるべき金融商品は? | トップページ | 投資信託もユーザーの声をちゃんと聞いた会社が勝つ時代 »

2023年1月24日 (火)

インデックス投資家としての私は、アクティブ投資を敵視はしてない件


日経、さわかみさん。

はじめに

”金利上昇局面ではゼロ金利に甘えてきた企業の多くが、株価の下落に伴って淘汰されていくが、マーケットから退出する寸前まではインデックスの足を引っ張る。それがインデックス運用の成績悪化につながる。われわれのアクティブ運用からは大きく引き離されよう。

インデックス投資は冬の時代を迎えるそうであります。なんか噛みついてくれと言わんばかりの一文…と言うわけで、キャンキャン吠えてみますw

相互リンク先の水瀬さん。

インデックス運用の心配をする前に、自社ファンドの運用の心配をした方がよい

まさに。数ある日本株のアクティブファンドの中でも、この10年のさわかみファンドは負け組です。ちなみに最近は不調のひふみ投信ですが、10年で見ると50番目で、まあまあ上位に位置してます。(もちろんずっと続くかは別問題)

インデックス投資家としての私は、アクティブ投資を敵視はしてない件

いつも思うのは、アクティブ投資の総和=インデックスに過ぎず、全体としてみたときのアクティブ投資とインデックス投資は、コスト要因を除けば等価なのになあ、ということ。つまり、もしもインデックス投資に冬の時代が訪れるなら、アクティブファンドも一蓮托生。生き延びるアクティブファンドもあれば沈むアクティブファンドもあります。

てなわけで、インデックス投資家としての私は、アクティブ投資を敵視はしてないのです。だって、全体としてみたらいっしょなんだから。私の能力では優れたアクティブファンドや個別株銘柄を選べないと言うだけです。

だから、アクティブファンドのマネージャさんもインデックス投資を敵視して欲しくはないなあ。アクティブファンドの直接的な敵は、他のアクティブ投資家(ファンドだけじゃなくて全部)なんです。

願わくば、アクティブファンドのマネージャーさんには、インデックス投資を絶賛していただき、返す刀で金融庁の奮闘努力をたたえてもらって、その上で、投資が単なる資産形成のツールではない、いわば「ほったらかさない投資家」にターゲティングすれば良いのではないかと思う次第です。「ほったらかさない投資家」がいるからこそ、市場は活性化します。それは、われわれインデックス投資家にとっても有益です。

えっ?それはずるい?

いえいえ、ドシロート相手にそんなことを言ってはいけません。いやいや、国内最大級のプロのインデックス投資家であるGPIFや日銀にも失礼なのかもしれません。待てよ、GPIFは、ある意味、日本全国のドシロート投資家の代表か。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 金利上昇時に最初に考えるべき金融商品は? | トップページ | 投資信託もユーザーの声をちゃんと聞いた会社が勝つ時代 »

コメント

私は別の意味合いで、これからの数年、または十数年インデックスファンドは受難の日々を迎えると見ています
端的に言えば、この十数年国際分散のインデックス投資はあまりにも上手く結果を残しすぎたということです
(だからと言ってアクティブファンド推しではありません)


その高パフォーマンスの結果、昨今俄かの講釈師まで現れるようになりました
リーマンショック前からインデックス投資を続けてきた方々の様々な意見には一家言を感じますが、もっと経験は浅いがやたら鼻息の荒い方、あるいは前のめりすぎる方も中にいて、まるで靴磨きの少年のような、という感じです

万物流転、森羅万象栄枯盛衰、綺麗は汚い汚いは綺麗、常に世の中は変化するという世界観であり、レバナス信者やドル最強信者の登場が相場反転の嚆矢となった(ように見えた)ように、あまりに前傾姿勢が強すぎるとお金って言うのは逃げて行っちゃうとういう人生観なのです

投稿: 汚れた英雄 | 2023年1月24日 (火) 07時16分

>汚れた英雄 様
コメントありがとうございます。
>受難の日々を迎える
インデックスかアクティブかという話ではなく、長期投資の話ですね。市場(=インデックス)のトータルリターンの平均回帰。調子の良すぎるときがあれば、その分を調整する時もあります。
私もそう思います。そうなることを想定したリスク許容度というのが大切ですね。

投稿: NightWalker | 2023年1月24日 (火) 14時33分

弱り目の負け組に優しくしてほしいと、なんか同情。。。
インデックスファンドの成長の実を刈り取る十分な年数はないので主に個別株とETFを買っている自分の事のような。あ、損はしていません。人と比べる事もしません。

今からインデックス冬の時代とは思えないので…負け犬の遠吠え感が悲しいですが、イジらないであげて〜。イジりたくなるでしょうけどw

さて、ところで…何歳まで投資すると計画したりしていらっしゃいますか?インデックス投資では収入がなくなった時、と最初から決心していて迷いはないでしょうか。配当を当てにすると、ボケても気づかなくて投資を続けるかもと思い始めました。
変なコメントを失礼しました。

投稿: ミント | 2023年1月26日 (木) 11時29分

>ミント様
コメントありがとうございます。
対立軸を間違えてますよ、ってことです。あと、さわかみさんは「負け犬」とは絶対思ってないです(笑)。
>何歳まで投資する
おそらく死ぬまでなんでしょうね。ポイントは、「遺産をいくら残すか」です。ここが老後のリスク許容度のキモと考えます。

投稿: NightWalker | 2023年1月26日 (木) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金利上昇時に最初に考えるべき金融商品は? | トップページ | 投資信託もユーザーの声をちゃんと聞いた会社が勝つ時代 »

 
 
Copyright © 2005 - 2023 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.