« 今度こそ日本にも長期投資が根付くか? 〜ファンドの平均保有期間が伸びている模様。 | トップページ | 年金改革案の誤解多く 保険料納付、延長で受給増 »

2022年11月14日 (月)

最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみるエントリー。

ちょっと前の記事になりますが、Money Sence Collegeさん。

はじめに

記事は、

”SBI証券と楽天証券は「結局どっちがいいの?」と悩んでいないでしょうか。

(中略)

マネーセンスカレッジではサービス内容はもちろんですが、そのほかに重きを置いている視点があります。それは「事業継続性」です。事業継続性を踏まえてSBI証券をおすすめしています。”

少々乱暴にまとめると、「楽天モバイルが事業の足を引っ張ってたりして最近の楽天証券は少々不安なので、SBI証券がいいんじゃね」ということでしょうか。

個人的に思うには、

  • 株式投資と同じく、そもそも各証券会社の事業継続性の長期予測は不可能。
  • あえて対処方法を考えるなら、株式投資と同じく分散しかない。
  • というか、分別管理で守られているものに投資してるなら、破綻しそうになってから移管しても遅くないんじゃね。

と考えております。SBI証券だって、事業投資にミスることがないとは言えません。事業の失敗はミスってからじゃないとわからないのが世の常であります。

では、最近の私は「証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみよう。」というのが、今回のお題。

最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。

  • SBI証券、楽天証券、マネックス証券、auカブコム証券をすでに活用中の人は、わざわざ変更するような差異は感じられない。それぞれに使いこなせば良い。
  • 扱っているポイントの好き嫌いで決めるというのは、かなり有力な方法。

以上です。

もう、どこの会社も変わらないので、その他の要素も含めて、好き嫌いで決めていいのではないかと。

ここで、ちょっと視点を変えて、あなたがもし、オールカントリーが大好きで何から何までオールカントリーにしたいとします。

その場合は、マネックス証券も捨てがたい。iDeCoでオールカントリーを選べますからね。ポイントもクレカ積立で1.1%。オールカントリーの場合だとちょっと少ないですが、投信の保有ポイントも0.03%付きますし。

私が4年前に書いた本では、SBI証券か楽天証券でいいでしょ、と書いたのですが、新社長の下、マネックス証券が戦線復帰したかもというのが、最近の印象です。マネックス証券は「新たな競争の軸が出てきた場合に出遅れがち」という弱点がありますが、ひょっとしたら弱点克服しているかもしれないし。

以上、最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみるエントリーでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 今度こそ日本にも長期投資が根付くか? 〜ファンドの平均保有期間が伸びている模様。 | トップページ | 年金改革案の誤解多く 保険料納付、延長で受給増 »

コメント

私は、「好き嫌い」で決めています。証券会社も個別株投資も、少なくとも嫌いな会社には近づきません。ポイントや優待はいつ無くなるか分かりませんし。

投稿: 定年退職者 | 2022年11月17日 (木) 12時38分

>定年退職者様
コメントありがとうございます。
私はSBI証券なんですけど、好きか嫌いかで決めてないんですよ。社長は苦手かもww

投稿: NightWalker | 2022年11月17日 (木) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度こそ日本にも長期投資が根付くか? 〜ファンドの平均保有期間が伸びている模様。 | トップページ | 年金改革案の誤解多く 保険料納付、延長で受給増 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.