« 最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみるエントリー。 | トップページ | 早期リタイア後の居場所作りで心得ておくべきこと »

2022年11月15日 (火)

年金改革案の誤解多く 保険料納付、延長で受給増

日経、田村正之さん。この話、待ってました!

はじめに

例の年金加入を65歳までにする議論の件を発端に、またぞろ年金改悪批判が出てます。何をわけのわからん事を言ってるんだと思っておりましたら、ミスター年金、田村さんから、待望のメッセージ。

主な議論は3つ。

  • 課題1:国庫負担が増える
  • 課題2:中小企業の社会保険料が増える
  • 課題3:国庫負担の減り方が予測より小幅に

これらの議論は、政府を批判して雑誌を売りたい、サイトのアクセスを稼ぎたい方々へ、格好の燃料を投下。

巷にあふれる年金改革に対する誤解に対して「負担が増えるだけではなく、将来の年金額も増加」「大多数は厚生/基礎年金の合計額が改善」などなど、正解をまとめる記事になってます。引用は差し控えますが、記事では、わかりやすい表に整理されています。ひかえめに言って全国民必読の記事。ぜひお読み下さいませ。

雑談

年金問題を考えるときに、私がやった方がいいと思っているのは、次の二つの脳内シミュレーション。

(1)もしも、年金がなかったらどうなっていたか?

(2)もしも今、年金制度を賦課方式でゼロから作ったらどうなるか?

人によっていろいろな考え方があるでしょう。私の場合は、

(1)は、親への仕送りに追われて資産形成が十分にできなかったかも。年金あって良かった。

(2)は、「平均寿命マイナス10歳くらいから年金受給開始」という制度を作るだろう。

・・・てな考え方。結論は、「少子化が進んで寿命が延びたんだから、年金が減るのはしょうがないんじゃないの?」という身もフタもない答えであります。つまり、今、行おうとしている年金改革は、自助努力で年金受給額を増やすパスを順次整備していくというものなのかなと。

  • 多くの人ができるだけたくさん厚生年金を納められるようにする。
  • 受給開始を繰り下げる。

そして、「国民年金の納付を5年延長(してその分受給額を増やす)」。ちょっと前にも書きましたが、追納が可能なように設計して欲しいです。

今のところ、年金受給額を増やす方法論で個人的に不満なのは、「コドモを作る」がカウントされないことくらいです。少子化の遠因だと思うんですけどね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみるエントリー。 | トップページ | 早期リタイア後の居場所作りで心得ておくべきこと »

コメント

nightさま おとりあげありがとうございます。実はこの記事、読者のウケが悪く、「やはり年金はディスる方向で書かないとウケないのか。今後は俺もディスる側に回ってやる…」などダークサイドに堕ちそうになってました(冗談ですがw

投稿: たむりん | 2022年11月16日 (水) 04時56分

>たむりん様
コメントありがとうございます。
・・・まさかの闇堕ちw

・長寿になったんだから、長く働く(私働いてないけど)
・少子化になったんだから、その分減る。

あたりまえなんですけどね〜。政府はその激変要因を徐々に吸収しようとしているだけ。人間ホントのことを言われると、それが正論であればあるほど頭に来るってことでしょうか。

年金制度って、一生働かなくてもコドモがいなくても個人が困らないすばらしいものなんですけど、それがあだになっているという(^^;)

投稿: NightWalker | 2022年11月16日 (水) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近の私は証券会社をどう選ぶべきと考えているのか。ちょっとメモってみるエントリー。 | トップページ | 早期リタイア後の居場所作りで心得ておくべきこと »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.