« 退職金は、「一時金」「年金」どっちで受け取る方がお得? | トップページ | なんとMySMTがんばる! 〜米国株式インデックスファンドの比較 2022/9 »

2022年10月18日 (火)

全世界株式型インデックスファンドの比較 2022/9

今月の全世界時価総額分散型インデックスファンドのパフォーマンスと時価総額の比較です 。

比較対象

<MSCI ACWI 連動> 

<FTSE Global All Cap 連動>

この比較シリーズでは、コストやベンチマークかい離ではなく、同じ指数に連動するインデックスファンド同士のリターンの比較に主眼を置いています。運用力、見えにくいコスト含めて、パフォーマンスに現れるからです。現在は年次リターンに着眼していますが、より長期リターンの比較にシフトする予定です。

  • リターンは月末基準価額から、私が単純計算。
  • コストと純資産総額は,当該月の月報または該当情報から転写。

2022/9の比較 MSCI ACWI連動

2022/09 SS全世界 オールカントリー たわら全世界 Smart-i
1ヶ月 -5.32% ★-5.28% -5.31% -5.29%
3ヶ月 -1.48% ★-1.39% -1.41% -1.40%
6ヶ月 -7.47% ★-7.33% -7.38% -
1年 2.71% ★3.04% 2.93% -
3年 50.45% ★51.72% 51.04% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.5280% 0.1144% 0.1320% 0.1144%
純資産総額(百万円) 9,025 647,428 2,938 217
参考:前月純資産総額(百万円) 9,183 647,641 2,823 176
純資産総額前月差分 -158 -213 115 41

★は同一指数内で一番成績の良いもの

2022/9の比較 FTSE Global All Cap連動

2022/09 楽天VT+ SBI雪だるま SBIVT
1ヶ月 -5.20% ★-5.07% -5.12%
3ヶ月 -1.46% ★-1.17% -1.37%
6ヶ月 -7.58% ★-7.22% -7.36%
1年 2.16% ★2.22% -
3年 ★50.24% 50.18% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.202%程度 0.1102%程度 0.1438%程度
純資産総額(百万円) 198861 69460 12121
参考:前月純資産総額(百万円) 202715 69919 12076
純資産総額前月差分 -3854 -459 45

★は同一指数内で一番成績の良いもの

FTSE Global All Cap連動の各ファンドはいずれも海外ETFに投資する運用構造です。

  • SBIVT →バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
  • 楽天VT+ →バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)、バンガード®・トータル・インターナショナル・ストックETF(VXUS)
  • SBI雪だるま→(1)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF 、(2)SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールド(除く米国) ETF 、(3)SPDR ポートフォリオ・エマージングマーケッツ ETF の3本

今月の雑談

MSCI ACWI勢は、相変わらずオールカントリーに死角なし。ひとり勝ちが続きます。その影に隠れてますが、たわら全世界も運用は安定しており良いファンドです。オールカントリーと信託報酬が同じSmart-i。まだ設定されたばかりですが、1年後が楽しみです。運用も安定しています。この2ファンドには、信託報酬率が高めのステートストリート全世界の純資産総額くらいは超えて欲しいなと密かに思ってます。

一方、FTSE Global All Cap勢。今月も、SBI雪だるまがんばってます!個人的には、ただひたすらVT一本だけを買う単純なスキームのSBI VTが好みですが、まずは1年を超えてからが勝負です。

-----

今月は、本カテゴリーの純資産総額が、前月比で減少しました。全ファンド合わせて、前月9445億→今月9400億円。445億円減少。資金流入は極めて堅調ですが、相場の崩れに追いつかなかった格好。

ファンド選びの基本に純資産総額の推移を見るというのがあります。資金流入と運用の妥当性をざくっと見るのに役立つため。インデックスファンドの場合は、微妙に違います。

  • 資金流入は、素直に資金流入を見る。
  • 運用の妥当性は、ベンチマークとの乖離で見る。

というのが、王道となります。

-----

長期投資は続けてナンボ。自分にとって適切なリスクを取り続けること。毎月唱え続ける大先達の教え「航路を守れ」なのであります。

<ご参考>

|
follow us in feedly にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 退職金は、「一時金」「年金」どっちで受け取る方がお得? | トップページ | なんとMySMTがんばる! 〜米国株式インデックスファンドの比較 2022/9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退職金は、「一時金」「年金」どっちで受け取る方がお得? | トップページ | なんとMySMTがんばる! 〜米国株式インデックスファンドの比較 2022/9 »

 
 
Copyright © 2005 - 2024 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.