« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2022/7 | トップページ | 早期リタイアが失敗するケースについて考えてみる。 »

2022年8月20日 (土)

米国株式インデックスファンドの比較 2022/7

今月の米国株式インデックスファンドの比較です。

比較対象

<S&P500連動> 

<CRSP USトータル・マーケット・インデックス連動>

2022/7の比較 S&P500連動

スマホで見る時は必要に応じ横画面にしてくださいませ↓

2022/07 eMAXIS Slim SBI S&P500 iFree Smart-i My SMT
1ヶ月 ★5.11% ★5.11% 5.10% 5.08% 5.09%
3ヶ月 ★2.04% 2.01% 1.99% 1.93% 1.99%
6ヶ月 ★7.84% 7.75% 7.75% 7.66% -
1年 ★14.66% 14.52% 14.48% 14.15% -
3年 ★74.32% - 73.66% - -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.0968% 0.0938%程度 0.2475% 0.2420% 0.0968%
純資産総額(百万円) 1,365,470 628,376 65,239 5,223 0
参考:前月純資産総額(百万円) 1,254,779 581,642 59,981 5,040 0
純資産総額前月差分 110,691 46,734 5,258 183 0

2022/7の比較 CRSP USトータル・マーケット・インデックス連動

2022/07 楽天VTI SBI VTI
1ヶ月 ★5.32% 5.29%
3ヶ月 1.67% ★1.68%
6ヶ月 7.28% ★7.35%
1年 10.76% ★10.82%
3年 69.79% -
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.162%程度 0.0938%程度
純資産総額(百万円) 635,980 91,881
参考:前月純資産総額(百万円) 583,555 83,335
純資産総額前月差分 52,425 8,546

--------------

★は同一指数内で一番高いもの

  • リターンは月末基準価額から、私が単純計算。
  • コストと純資産総額は,当該月の月報または該当情報から転写。

雑感

どのファンドも優秀ですが、コスト含むパフォーマンス、S&P500ではSlim、CRSPではSBI_VTIが最優秀。

純資産総額では、eMAXIS Slim S&P500が最強、第二集団は楽天VTIとSBIV S&P500が続き、この3本で米国株式インデックスファンド市場をほぼ占拠(全体の94%!)している格好です。

注目したいのは、SBI_VTI。楽天VTIに対して、信託報酬率分の差をコンスタントにつけられるようになれば、資金の流れが大きく変わるかもしれません。

My SMT。いまだ純資産総額ゼロ。なんですが、今月はお知らせがあります。ついに大山鳴動? 8月に入って資金が入り始めました。

20220820

なぜだろう。8/18日付けで、2億5千4百万円となっております。企業向けのDCとかですかね。調べる気はまったくありませんけどw

米国株式も全世界株式と同じく、年次リターンは堅調に見えますが、これは円安アシストがあってのもの。最近、相場はまた戻していますが、相場はランダムウォーク。今後、米国株投資家は、正念場を迎えるかもしれません。仮にその状態が数年続いたとして、冷静に米国株を信じられるかどうかであります。

<ご参考>

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2022/7 | トップページ | 早期リタイアが失敗するケースについて考えてみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全世界株式型インデックスファンドの比較 2022/7 | トップページ | 早期リタイアが失敗するケースについて考えてみる。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2022 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.