« 高校生の金融教育、ココを教えて! | トップページ | 副業は、早期リタイアの礎となりうる。 »

2022年7月 9日 (土)

60代、70代で資産1000万円以上の割合は?

東証マネ部 FPの舟本美子さん。(提供元:Mocha(モカ)さん)

60代、70代で資産1000万円以上の割合は?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(2021年)をベースにFPの舟本美子さんが作られた分布がこちら↓

20220709

金融広報中央委員会さんの元データには、中央値、平均値も書いてあったので、私が抜粋した表がこちらです。ついでに70歳代も付けました。

項目 単身世帯
60歳代
単身世帯
70歳代
二人以上世帯
60歳代
二人以上世帯
70歳代
金融資産非保有 28.8% 25.1% 19.0% 18.3%
〜100万円 8.8% 5.3% 6.4% 4.5%
100〜200万円未満 4.0% 3.3% 4.8% 3.8%
200〜300万円未満 2.3% 2.7% 3.4% 3.1%
300〜400万円未満 3.1% 2.7% 3.3% 4.5%
400〜500万円未満 2.1% 2.0% 2.6% 2.0%
500〜700万円未満 5.6% 6.2% 5.9% 5.4%
700〜1000万円未満 5.6% 5.3% 5.3% 5.6%
1000〜1500万円未満 6.5% 10.4% 8.4% 10.3%
1500〜2000万円未満 4.2% 7.1% 6.0% 6.0%
2000〜3000万円未満 8.4% 8.2% 9.6% 11.9%
3000万円以上 17.7% 20.2% 22.8% 22.1%
無回答 2.9% 1.6% 2.6% 2.6%
平均 1860万円 1786万円 2427万円 2209万円
中央値 460万円 800万円 810万円 1000万円

で、60代、70代で資産1000万円以上の割合は?の答えは、

  • 単身世帯60歳代 36.8%
  • 単身世帯70歳代 45.9%
  • 二人以上世帯60歳代 46.8%
  • 二人以上世帯70歳代 50.3%

でした。

雑談

この表を見て老後資金について思ったのは、2000万円ないとダメというのはおそらく勘違いだということ。多くの人がそれほど蓄財しているわけではありません。貯金がなくてもなんとかなるが、あればそれはうれしい、お金はあっても困らないという感じなんでしょうか。

保有額の中央値は、70歳代の方が増えているんですね。これは仕事で補填できなくなる70歳代の状況を反映しているとみるべきなのか、ダイウィズゼロの難しさなのか。個人的には、70歳以降はお金の増やし方よりも使い方、なんだなとあらためて感じる次第。

記事では、やるべきこととして、以下の4つをあげています。

(1)支出のムダをなくす
(2)資産運用を始める
(3)年金を繰り下げする
(4)デジタルを使いこなす

(2)は、60代になってから始めるのは一考が必要。長期投資は、20〜30年を見込む必要があり、果実を得る頃には天寿を全うしている可能性が高いためです。60歳になる前に基盤を作っておきたいところです。

(1)(3)(4)は、60歳からだろうが70歳からだろうが思い立ったが吉日ですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 高校生の金融教育、ココを教えて! | トップページ | 副業は、早期リタイアの礎となりうる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高校生の金融教育、ココを教えて! | トップページ | 副業は、早期リタイアの礎となりうる。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2023 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.