« 年金繰り下げ、有利な受け取り方は? | トップページ | リバランス&リアロケーションについて整理してみる。2022/3 »

2022年3月23日 (水)

三井住友TAMが業界最低コストのインデックスファンドシリーズ「My SMT」シリーズ11本を新規設定 

モーニングスターさん。

「My SMT」シリーズが、追加で爆誕

三井住友トラスト・アセットマネジメント(三井住友TAM)さんが、低コストのインデックスファンド「My SMT」シリーズ11本を新規設定するそうです。

  • MY SMT 日経225インデックス(ノーロード)(0.154%)
  • MY SMT TOPIXインデックス(ノーロード)(0.154%)
  • MY SMT 国内債券インデックス(ノーロード)(0.11%)
  • MY SMT J-REITインデックス(ノーロード)(0.275%)
  • MY SMT S&P500インデックス(ノーロード)(0.0968%)
  • MY SMT ダウ・ジョーンズ・インデックス(ノーロード)(0.0968%)
  • MY SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)(0.1023%)
  • MY SMT グローバル債券インデックス(ノーロード)(0.154%)
  • MY SMT グローバルREITインデックス(ノーロード)(0.275%)
  • MY SMT 新興国株式インデックス(ノーロード)(0.187%)
  • MY SMT 新興国債券インデックス(ノーロード)」(0.242%)

( )内は信託報酬率(税込)

記事によると、「ダウ・ジョーンズ・インデックス」と「国内債券インデックス」が「業界最低水準を更新」とのこと。国内債券は、Slimが、現在、年率0.132%(税込)。

なお、三井住友TAMのプレスリリース等は発見できていないので、見つかり次第、追記します。

<3/29 追記>

雑感 〜 一物多価はもう止めて

正直、

 開いた口が塞がりません…。

同社のローコストを銘打つインデックスファンドには、既に「SMTシリーズ」「i-SMTシリーズ」があります。「既存のファンドを値下げする」あるいは「新設のMY SMTシリーズに統合します」って言うならわかります。

でも、どうやら、この期に及んで、金融庁殿が本件のようなパターンを問題視しているにもかかわらず、またしても追加してしまったようです。

 一物多価はもう止めて

ですよ、まったく。結果、たとえば先進国株式クラスは、

  • SMT グローバル株式インデックス・オープン(0.55%)
  • i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)(0.209%)
  • MY SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)(0.1023%)

と並んじゃうわけです。

もう、安定のSlimもあるし、インデックス投資家的には、ガン無視必至かなあ。i-SMTシリーズと同様、インデックス投資家にそっぽを向かれるんじゃないですかね。(i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロード)の純資産総額は、2022/3/22現在、6.65 億円です) なんで今更、設定してきたのかしら。法人ルート向けなのか、当て馬なのか。

個人的には買わないだけですけど、金融庁としてはどうなんでしょ。もはや伝家の宝刀を振りおろすしかないのでは?

以上、新インデックスファンド登場のニュースでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 年金繰り下げ、有利な受け取り方は? | トップページ | リバランス&リアロケーションについて整理してみる。2022/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金繰り下げ、有利な受け取り方は? | トップページ | リバランス&リアロケーションについて整理してみる。2022/3 »

 
 
Copyright © 2005 - 2022 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.