« 今、私が証券会社を選ぶならどこを選ぶか? 2022/3 | トップページ | 「投資賢者」の名言 »

2022年3月16日 (水)

つみたてNISAで購入していい投資信託 

Diamond  online、セゾン投信会長の中野さん。

つみたてNISAで購入していい投資信託 

Diamond  onlineさんの記事は、ダイヤモンド社から3/16、つまり本日刊行される、中野さんの著書のご紹介です。

本書は読んでません(^^;)。中野さんが選んだ9本ってなんだろうと思う方は、ぜひ。

記事には、

”インデックス型に関しては、一定の条件を満たしてさえいれば、過去の実績が全くない「新しく作った投資信託」を認めることにしたのです。”

とあります。

中野さんの思いとは異なるのでしょうけれど、このおかげで超低コストインデックスファンドが日本にも生まれたのですから皮肉なものです。

閑話休題。今回は、本のタイトルからお題だけ拝借し、私が好き勝手に基準を決めて機械的に選んでみようというちょっぴり大胆不敵なエントリーです。

<スクリーニング条件>

  • SBI証券の投資信託 パワーサーチ(3/15にサーチ)にヒットしたつみたてNISA対象ファンド176本をスクリーニング
  • バランスファンドは除外
  • 国際分散投資(「北米」の時価総額は全世界の半分以上なので、ギリギリ含めます)
  • 一物多価は、信託報酬が一番低いもの
  • 為替ヘッジ無し
  • 信託報酬率が税込0.3%未満
  • 純資産総額が500億円以上

ナイトウォーカー版 つみたてNISAで購入していい投資信託 

以下の11本※が機械的に生き残りました。

# ファンド名 純資産
(百万円)
信託
報酬
1 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 1,001,980 0.0968%以内
2 楽天・全米株式インデックス・ファンド 479,590 0.162%程度
3 SBI・V・S&P500インデックス・ファンド 472,656 0.0938%程度
4 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 426,823 0.1144%以内
5 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 349,788 0.1023%以内
6 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 286,822 0.1023%以内
7 たわらノーロード 先進国株式 164,300 0.10989%以内
8 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 150,394 0.202%程度
9 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 116,191 0.1144%以内
10 三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド 86,918 0.275%
11 SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 60,229 0.0938%以内

※  「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」が漏れていたので修正。

ちなみに、日本を含む全世界のみだと、

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド

が生き残ります。

個人的には、新興国を含まない「日本を含む先進国株※」というか、新興国を含めてもいいのですけど(実態が)民主主義の国だけの指数のファンドが欲しい気が最近とみにしています。新興国にカテゴリーされている国って、安全保障上の観点から、投資していいのか疑問符が残る国と投資すべき国が混ざっている気がするんですよね。そんなことを考える今日この頃でもありました。

※<追記>

FoF(FoE)ではありますが、

が、日本を含む先進国株式(FTSEディベロップド・オールキャップ・インデックス(円換算ベース))のファンドです。純資産総額は、8,882百万円(2022/3/15)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 今、私が証券会社を選ぶならどこを選ぶか? 2022/3 | トップページ | 「投資賢者」の名言 »

コメント

これは楽しみですね。
なぜならば、人によってはNasdaq100のインデックスファンドがまだつみたてNISAには一本も入っていなかったからです。
これが入るだけでも、魅力的だと思います。
ただ、ボラティリティが大きいのも事実で20年間持ち切れるのかは、その人の資質が試されると言っても良いと思います。

投稿: takachan | 2022年3月16日 (水) 07時26分

> takachan 様
コメントありがとうございます。
すみません、なぜ拙エントリーの文脈でNasdaq100が出て来るのか分かりませんでした(^^;)。

投稿: NightWalker | 2022年3月16日 (水) 10時31分

つみたてNISAで購入していい投資信託は、ズバリ9本
https://diamond.jp/articles/-/298276?page=2
引用【そこで、インデックス型に関しては、一定の条件を満たしてさえいれば、過去の実績が全くない「新しく作った投資信託」を認めることにしたのです。】
これによれば、iFree NEXT NASDAQ100インデックスファンドも入る可能性があると思います。

投稿: takachan | 2022年3月16日 (水) 12時25分

>: takachan 様
なるほど、そう言う意味だったのですね。
今のところ、「つみたてNISAの対象とする指数一覧」にNASDAQ100はありません。金融庁さんがお認めになるかどうか、ですね〜。

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-1/03.pdf

投稿: NightWalker | 2022年3月16日 (水) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、私が証券会社を選ぶならどこを選ぶか? 2022/3 | トップページ | 「投資賢者」の名言 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.