« 私の早期リタイア後の出口戦略 2021 | トップページ | 名著「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」の北村慶さんの最新刊が出ます! »

2021年8月10日 (火)

1928-2021 ダウ平均の長期推移

ダウ平均の長期推移2021/8アップデートです。前回のエントリーはこちら↓

1928-2021 ダウ平均 の長期推移

最初に、加工無しの長期のグラフ。

202108101   

次に、縦軸を対数にして絶対値ではなく倍率で見てみます。(ご参考エントリー:複利の力を直線化する

202108102

米国株は長期上昇。

さらに私の感性で補助線を引いてみます。

202108103    

一本調子で上がってきたわけではなく、20年おきくらいに上昇期と停滞期を繰り返しているのがわかります。100年前の大恐慌を除くと、ブラックマンデー(1987年)もリーマンショック(2008年)も歴史の1ページ。ショックは、上昇期と停滞期のスイッチになっているときもある、と言う程度。

まとめ

  • 100年単位で見ると、米国株は上昇し続けている。
  • 20年単位程度ではそうとは言い切れない。ずっと一本調子で上昇し続けるというわけではない。
  • たまにある暴落は、長い目で見ると小さな出来事。

雑感

前回このグラフを見たのはコロナショック直後でした。このときは「コロナショックは長引く→最近の堅調ぶりは変だ→きっと二番底があるに違いない、という推論に、あるいはその逆の推論に、長期投資家としての私は違和感を感じる」と書きましたが、あらためて、短期的な予測はむずかしいなあと感じた一年でした。

長期投資家として信じるべきは、株式のリスクプレミアム、長期的な期待リターンへの平均回帰なのであります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 私の早期リタイア後の出口戦略 2021 | トップページ | 名著「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」の北村慶さんの最新刊が出ます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私の早期リタイア後の出口戦略 2021 | トップページ | 名著「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」の北村慶さんの最新刊が出ます! »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.