« 「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴 | トップページ | 定年前後で必ずやっておきたい3つのこと »

2021年8月 3日 (火)

50歳から10年でできる老後資金7つの対策

東証マネ部さん。

50歳から10年でできる老後資金7つの対策とは?

本記事の老後資金対策は、

  • 老後資金対策1:未納期間を埋める
  • 老後資金対策2:60歳以降も働いて厚生年金に加入する
  • 老後資金対策3:年金の繰り下げ受給を考える
  • 老後資金対策4:iDeCoに加入する
  • 老後資金対策5:つみたてNISAを利用する
  • 老後資金対策6:生活をミニマム化する
  • 老後資金対策7:地方へ移住する手も

の7つでした。

この中で最も重要な視点は、対策2だと思います。太字にしておきました。

もし60歳定年までしか働かないとすると、収入があるのはあと10年。長期投資を始めるには、50歳は微妙に遅い時期なのです。やはり株式投資による資産形成には20年くらいは欲しい。50代まで投資をしたことがない人は、普通に貯金をしといた方が良いというのが私の考えでした。

でも、70歳まで働くとなると話は別です。まだ収入が20年もあります。

長期投資の観点を忘れずに

注意しておくべきは、妙にパフォーマンスが良かったこの10年に目がくらんで(あるいは焦燥感を感じて)、投資を始めないように、ということでしょうか。オールカントリーを買っておけば安心・・・ではありません。不安の果てにあるのが長期投資のリターンなのです。長期投資の最大課題は暴落を乗り越えること。私の経験上重要だったのは、積立、無リスク資産、収入の3つでした。

リタイア後の私の武器は、無リスク資産しかありません。やはり、長期投資における収入の存在は大きいのです(実感)。

私の場合

おまけ。これらの対策、早期リタイアしちゃった私の場合はと申しますと、

  • 老後資金対策1:未納期間を埋める
    →学生時代の未納分は、任意加入(付加年金付き)で挽回中。
  • 老後資金対策2:60歳以降も働いて厚生年金に加入する
    →働きたくないでござるの人生です。
  • 老後資金対策3:年金の繰り下げ受給を考える
    →加給年金に配慮し、老齢基礎年金のみ70歳まで繰り下げ予定。
  • 老後資金対策4:iDeCoに加入する
    →会社のDC導入が遅すぎ、DBで走りきった。
  • 老後資金対策5:つみたてNISAを利用する
    →一般NISAのまま。
  • 老後資金対策6:生活をミニマム化する
    →特にしてない。普通。でないと早期リタイア楽しくない。
  • 老後資金対策7:地方へ移住する手も
    →都会に近い郊外生活が何かと便利で楽しい。

となっております。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴 | トップページ | 定年前後で必ずやっておきたい3つのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「米国株100%、日本株は不要」という人の落とし穴 | トップページ | 定年前後で必ずやっておきたい3つのこと »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.