« 「高すぎる相関係数」の時代 ポートフォリオをどう考えるか? | トップページ | アーリーリタイアと、のんびり生活 »

2021年8月15日 (日)

米国株(S&P500)と全世界株式(MSCI ACWI)の比較 1987/末〜2021

インデックス投資、昨今の二大潮流と言えば、米国株式と全世界株式です。そーいえば過去のパフォーマンス比較してなかったなーということで、見てみます。

はじめに

  • 比較対象:S&P500とMSCI ACWI
  • 比較期間:1987末〜(入手できたMSCI ACWIの過去データによる)
  • ドルベース(ただし、相対比較なので、ドルも円も関係なし)

その1 1987/末〜のパフォーマンス

202108152

これだけ見ると、S&P500すげー、米国株は永遠に不滅です、って思ってしまいますが、注意が必要です。

その2 年次リターンの比較

202108151

年次リターンの優劣を比較してみますと、勝ったり負けたりです。(S&P500の年次リターンからMSCI ACWIの年次リターンを差し引いた数値の推移を見てます。プラス方向がS&P500優位で、マイナス方向がMSCI ACWi優位)

ゆえに比較する期間によっても見え方が違います。

その3  2000/末〜のパフォーマンス

202108153

2000年代は、ACWIが優勢。2010年代は米国株優勢です。今後どうなるかはわかりません。

雑感

長期投資の目線で過去のパフォーマンス比較をするには30年は短すぎます。また、そもそも過去を見ても未来はわからないという議論もあります。なので、以上は、あくまでご参考。

とはいえなんとなくわかるのは、米国株が世界にずっと勝っているわけではないこと。もし米国株だけが強いのなら、世の中、米国株だらけになっちゃいますからね。特にこの10年の成績や米国の経済環境の優位性を見ただけで米国株オンリーの投資法をセレクトするのは、少々、注意が必要と考えます。

米国株オンリーを選ぶにしても、「米国株式市場が強く、他国より高パフォーマンスになるだろう」ではなく、「米国株は長期にわたって世界株なみのパフォーマンスをキープし続けるだろう」であるなら「コスト等含め市場環境の良い米国株式だけでいいかも」と考える方が、個人的にはしっくりきます。

ただ、「だったら世界株式でいいじゃん。米国株はたっぷり入ってるし、どうせ未来はわかんないんだし」と私は考えてしまう人なのでした。ひとそれぞれであります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 「高すぎる相関係数」の時代 ポートフォリオをどう考えるか? | トップページ | アーリーリタイアと、のんびり生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「高すぎる相関係数」の時代 ポートフォリオをどう考えるか? | トップページ | アーリーリタイアと、のんびり生活 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.