« アーリーリタイアと社会保険関連の整理 | トップページ | 私の愛した金融口座 残った証券口座の使い途 2021 »

2021年7月28日 (水)

山崎元さんが近年思うインデックスファンドの欠点とは?

トウシル、山崎元さん。

山崎元さんが近年思うインデックスファンドの欠点とは?

記事は、山崎さんご自身の金融マン、評論家としての社会人人生における「インデックスファンドとの関わり」について述懐するという、貴重な内容です。インデックス投資派はもちろん、アクティブ投資家も必読。

山崎さんとインデックスファンド、初対面は1985年。

「インデックス・ファンドは、面白そうではないけれども、なかなかやるな」「市場や企業を分析したつもりになって仕事をしている運用会社の社員たちの、運用パフォーマンス自体は案外たいしたことがないのだなあ。尊敬したり、憧れたりしない方がいいぞ」「それにしても、10人以上のファンドマネージャーが皆負けるのだから、何か共通の原因があるのだろう。たぶん、それは、売買手数料の重さではないか」

なんていう出会いの話から、「全数法」にいたる前のインデックスファンドの運用法、浮動株あるいは採用銘柄入れ替えによる歪みの問題があってインデックス運用に不信を抱くようになった時代の話。そして、銘柄入れ替えが以前ほど乱暴ではなくなり、インデックスファンドの手数料の低下が進んだこと、多くの個人投資家にとって個別銘柄の分散投資はむずかしいとわかったことなどから、「インデックス・ファンド推し」になった時代。

で、今の山崎さんはというと「インデックス・ファンドにも、(浮動株調整の問題など)改善が可能な欠点があると近年強く思うようになった」とのことでした。最後に、

筆者とインデックス・ファンドの次の関わりは、「インデックス運用の改善の試み」にしたいと思っている。”

とあります。これがどんな話なのか興味津々ですねー。「インデックス・ファンドの「強み」と「弱み」に関しては、別の機会に、記事ないしは動画で詳しく説明したいと思っている」とのことなので、楽しみに待っていましょう。

雑感

もし、浮動株調整などに歪みがあって収益機会があるのだとするなら、なぜ普段はインデックス運用をしておき、いざ鎌倉と言うときだけその歪みを突くアクティブファンドが登場しないのかしら?運用会社や証券会社がこっそり儲けたいのか、そんなファンドを作ったら歪みが瞬時に解消されてしまうから作ること自体がナンセンスなのか。東証がそうならないように市場ルールを変えちゃって終了になるから?はてさて。

それはさておき、そんなに日本株の指数が歪んでいるんだったら最近注目を集める

  • 日本株の割合が少なめな、全世界時価総額分散型のインデックス投資
  • 世界で一番まっとうそうで時価総額の半分以上を占める米国株へのインデックス投資

などは、結果的に理にかなった方法なのかもしれません(個人的には前者の全世界株式派ですが)。

もちろん、いち日本人としての私は、日本の株式市場が健全であることを願っています。ただ残念ながら、どの銘柄に分散すべきなのか、どのアクティブファンドが健全なのかを見極める力が私にはなく、次善の策としてインデックスファンドばかりが残っていったのでした。

チャーチルが、かつて民主主義を評して「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」といったというお話がありますが、この言葉を借りるなら、

「分散投資(インデックス投資)は最悪の投資法といえる。これまで試みられてきた、分散投資(インデックス投資)以外の全ての投資手法を除けばだが」

というのが、ずいぶん以前にも書きましたが、私の思うところなのでありました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと社会保険関連の整理 | トップページ | 私の愛した金融口座 残った証券口座の使い途 2021 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと社会保険関連の整理 | トップページ | 私の愛した金融口座 残った証券口座の使い途 2021 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.