« インデックス型投信の積立投資でひょっとしたら長期リターンをアップするかもしれない「ひと手間」とは | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2021/3 »

2021年4月18日 (日)

米国株のPERが割とすごい状態になっている件

先日、オールカントリーの3月末年次リターンが、56.5%もあったというエントリーを書いたのですが、この1年の上げ相場は、標準偏差を20%とするなら、3シグマ近く上昇しており、なかなかの警戒水準にあります。

米国株と日本株のPER

ちょっと気になったので、世界経済の中心、米国株と、我らが日本株のPER(株価収益率)を調べてみました。調べたのはこちらのサイト↓

指標 PER  予想PER 配当利回り 配当利回り
(1年前)
Dow Jones Industrial Average(4/15) 30.60倍 21.48倍 1.75% 2.81%
NASDAQ 100 Index(4/9) 39.98倍 29.72倍 0.74% 1.08%
S&P 500 Index(4/9) 46.92倍 23.49倍 1.42% 2.13%
東証一部(4/16) 25.49倍 24.27倍 1.69% -

気付いたことをつらつら書くと、

  • S&P 500のPERは、約47倍。益利回りに換算すると、1/46.92=2.13%。米国債10年利回りが、1.6%なのでかなり微妙な水準。
  • 米国株は、実績PERと予想PERに1.4〜2倍の開きがある。今後の収益に掛かっている。意外なのは、日本株はほとんど同じだったこと。もう伸びないのかニッポン…。

雑感

米国企業の利益の伸びに要注意、と言う気がなんとなく、ものすごくしますが、私は専門家ではないので、確たることは申し上げられません。こういう時は私の場合、自分のポートフォリオを見ることになってます。債券比率が私のバロメータ。(逆に見れば、リスク資産比率とも言える)

直近の債券比率(私の場合、無リスク資産比率)が、48.7%(目標は50%)。今日、この記事を書く為にチェックしたら、48.1%。まだ、許容範囲の水準です。45%を切りそうになったら、考えようかというところ。

20210418

ただし、これは、つい2ヶ月前にリバランスしたばかりの私の場合です。

ほったらかし投資といえど完全にほったらかしはあり得ません。ときどき、自分のリスク許容度をチェックしておくことをオススメします。もし下がったときに、

  • 精神的に耐えられるの?
  • 買い増すお金はあるの?

この辺が、チェックポイントです。特に前者は、人によって、境界線が異なります。敵を知り己を知れば百戦危うからず。自分を知ることが、長期投資の成功につながります。自分を知るのに時間が掛かってもかまいません。だって、長期投資なので時間はあるのですから。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« インデックス型投信の積立投資でひょっとしたら長期リターンをアップするかもしれない「ひと手間」とは | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2021/3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インデックス型投信の積立投資でひょっとしたら長期リターンをアップするかもしれない「ひと手間」とは | トップページ | 全世界株式型インデックスファンドの比較 2021/3 »

 
 
Copyright © 2005 - 2022 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.