« 国内のインデックスファンド276本を俯瞰してみる。2021/4 | トップページ | アーリーリタイアするにあたって最大の金銭的なデメリットと私が考えていたもの »

2021年4月10日 (土)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2021.3の月次報告

我が家のオススメファンド、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。2021.3の月次報告です。


2021/3 ベンチマークとの乖離率

2021/3 ファンド ベンチマーク
過去1ヶ月 5.6% 5.2%
過去3ヶ月 12.2% 12.2%
過去6ヶ月 25.8% 25.8%
過去1年 56.5% 56.0%
過去3年 - -
設定来 43.5% 43.5%

年リターンのベンチマーク差異は、-0.2%〜+0.2%のレンジで推移していたのですが、今月、年次リターンが、+0.5%と大きめに乖離が生じています。まったく同じ指数に連動する、たわらノーロード全世界株式の今月の月次報告によると、ベンチマーク56.76%となっていて、本来同じであるはずのベンチマークが違うので、ベンチマークの評価方法に何やら特殊事情があるような感じがします。

202104101

2021/3 純資産総額 

今月は、なんと、先月から252.15億円増。1346.58億円になりました。直近のデータでは、4/9現在、1433.36億円。

202104102

                          右端、緑の棒グラフは、4/9付け

2021/3 資金流出入金額

202104103

3月の資金流入は過去最高を大幅更新し、185.3億円。「すごい」のひと言。4月の途中経過は、〜4/9までで(右端、緑の棒グラフ)92.9億円。4月も快調で、初の200億円超えなるか、というところです。

本ファンドには、月初にまとまった資金流入があります。直近では4/5に54.31億円の資金流入がありました。積立て投資の資金と推定され、心強い限り。また、今月は、4/9に29.49億円の資金流入もありました。これが、毎月なのか、ワンショットなのか。来月も注目してみたいと思います。

202104104

※資金流出入の計算
毎日の騰落分を調整した毎日の純資産の増減を月単位に累計。(当日の純資産額)ー(前日の純資産額×(前日からの騰落率+1))を月単位に累計することで筆者が推計。

<ご参考エントリー>

今月の雑感

今月のトピックスはなんと言っても、純資産総額が1300億円を突破したこと。4月末には1500億円も突破しちゃいそうです。

また、今年(1〜3月)資金流入を他の有力Slimシリーズと見比べてみます(私の手計算です)と・・・

  • Slim 米国株式(S&P500) 735.27億円
  • Slim 先進国株式 138.82億円
  • Slim オールカントリー 450.54億円

こんな具合になっておりまして、投資家の関心は、先進国株式クラスから米国並びに全世界に移っていることが伺えます。今年中にオールカントリーの純資産総額が、先進国株式を抜くかもしれません。

こちら↓の表(交付目論見書より)を見ていただければわかりますように、1,000億円を突破すると、若干ですが、信託報酬が下がります。202010104

全世界株式クラスは、ズボラほったらかし楽チン投資の大本命。本ファンド一本で「世界市場ポートフォリオ」を実現できます。配当込み指数に連動しているので複利の面からも望ましく、コストも激安。ベンチマークも明解ですから客観的に評価できます。かつては望むべくもなかった、ほぼパーフェクトなスペックのファンドです。

最近は、「本ファンドを積み立てています」とおっしゃる方が私の周りでもたくさんいらっしゃいます。そんなみなさまの一助となるべく、当ブログは、気を抜かず、ウォッチを続ける所存です。

三菱UFJ国際投信さんには、丁寧な運用と説明でその支持に応えて欲しいと願っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 国内のインデックスファンド276本を俯瞰してみる。2021/4 | トップページ | アーリーリタイアするにあたって最大の金銭的なデメリットと私が考えていたもの »

コメント

こんにちは、

・たわら全世界株式はグロス指数(税なし配当再投資)
・eMAXIS Slim全世界株式はネット指数(税引後配当再投資)

とベンチマークが違うためと思われます。

目論見書等に記載はありませんが、本家MSCIから各インデックス値を拾ってきて円換算すると、両ファンドの月報と一致するため、間違いないでしょう。

投稿: たいぐー | 2021年4月10日 (土) 15時27分

>たいぐー様
なるほど! ご教授ありがとうございました!!

先日のブロガーミーティングの資料にも
https://www.am.mufg.jp/text/blogger_meeting_2011.pdf
「各社が公表する各ファンドのベンチマークに対する超過リターンとは一致しない場合があります」と書かれていますが、たとえばそういうことも含んでいるよと、いうわけですね。勉強になりました。

投稿: NightWalker | 2021年4月10日 (土) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国内のインデックスファンド276本を俯瞰してみる。2021/4 | トップページ | アーリーリタイアするにあたって最大の金銭的なデメリットと私が考えていたもの »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.