« シャープレシオと標準偏差について | トップページ | SBI証券、人気の低コストファンドの「投信マイレージ」付与率を引き上げ! あの投信も引き上げ対象に! »

2021年3月15日 (月)

全世界株式型インデックスファンドの比較 2021/2

今月の全世界時価総額分散型インデックスファンドのパフォーマンスと時価総額の比較です 。

比較対象

<MSCI ACWI 連動> 

<FTSE Global All Cap 連動>

2021/2の比較

スマホで見る時は横画面にしてくださいませ↓

指数→ MSCI ACWI連動 FTSE Global All Cap連動
2021/2 SS全世界 eMAXIS Slimオールカントリー たわら全世界 楽天VT SBI雪だるま
1ヶ月 3.40% 3.45% 3.43% 3.18% 3.25%
3ヶ月 9.19% 9.27% 9.22% 9.47% 9.59%
6ヶ月 14.60% 14.76% 14.65% 15.87% 16.37%
1年 25.56% 25.85% 25.56% 27.05% 26.98%
3年 32.03% - - 31.84% 31.58%
参考:信託報酬率(税込)または実質的な負担(税込) 0.5280% 0.1144% 0.1296% 0.212%程度 0.1102%程度
純資産総額(百万円) 3,064 109,443 505 74,244 16,439
参考:前月純資産総額(百万円) 2,868 92,435 467 68,779 14,761
純資産総額前月差分(百万円) 196 17,008 38 5,465 1,678
  • リターンは月末基準価額から、私が単純計算。
  • コストと純資産総額は,当該月の月報または該当情報から転写。

チェックポイント1 パフォーマンス

年次リターンを見ます。運用力、見えにくいコスト含めて、同じ指数に連動するインデックスファンド同士であればパフォーマンスに反映されるという考え方です。

<MSCI ACWI連動型>

eMAXIS Slimオールカントリーが相変わらずリード。

<FTSE Global All Cap連動型>

今月は、楽天VT、若干優勢。ただし、ここ数ヶ月、ほぼ同レベルです。また、直近半年を見ていると、素直に信託報酬率が低い分なのか、運用の安定と相まってなのかはわかりませんが、雪だるまが、優勢の状況です。

202103151

チェックポイント2 純資産総額

MSCI ACWIは、オールカントリーの一人勝ち。FTSEは楽天VT優勢ですが、伸び率では今月もSBI雪だるまが、若干上回っています。

今月の雑談

今月は、比較対象5ファンドの純資産総額の総計が、2000億円を突破しました。うち、オールカントリーが半分、オールカントリーと楽天VTでおよそ9割を占める状況になってます。

勝因は、もちろん、商品投入のタイミングとコスト、およびそれに付帯する運用力と思われます。

しかし、結果論とは言え、ステートストリートは、本当におしい。楽天VTが出たときに信託報酬を下げ、オールカントリーが出たときに更に下げていたら、この2021年2月現在、2000億円市場の勝者になっていた気がします。0.48%(税抜)×30億円=0.144億円。0.10%(税抜)×1,100億円(仮に今のオールカントリ並みとして)=1.1億円。どっちが収益額が大きくなっていたか。

同じことが、運用に一日の長のあったはずの外国株式クラスにも言えます。消極的な外資勢のおかげで、奇しくも日本のインデックスファンド業界は、黒船襲来から守られました。

受益者だけにリスクをとらせて運用会社は確実にコストを回収、ではなく、運用会社も経営リスクをとって、受益者と実りを共有。損して得取る。でも、外資勢から見れば、日本のファンド市場は、経営リスクをとるにはうまみが米国と桁違いに低いし、日本人のためにリスクをとる気なんてさらさらなかった。そういうことなのかもしれません。結局良い環境を手に入れるには、日本人自身の自助努力が大事なのであります。

-------------

さて、足下のマーケットは、いたって快調。しかし、こういう時こそ、リスクチェックをきちんとやっていきたいですね。

資産形成を始めたばかりの人は、まだリスクテイクの量が少ないでしょうから、焦って売らない。資産形成がある程度進んだベテラン勢はリスク過剰に気をつけ、調子に乗りすぎない。愚直に「自分にとって適切なリスクを取り続けること」「市場に居続けること」を肝に銘じましょう。

広く分散された全世界株式と言えど、ポイントは、リスク資産と無リスク資産の比率です。

繰り返しますが、注視すべきは、相場の価格変動ではなく自分にとって適切なリスク。この「カンタンなのにカンタンではないこと」こそがすべてなのです。大先達の教えの通り、「航路を守れ」。この格言は、毎月唱え続ける予定です。

<ご参考>

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« シャープレシオと標準偏差について | トップページ | SBI証券、人気の低コストファンドの「投信マイレージ」付与率を引き上げ! あの投信も引き上げ対象に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャープレシオと標準偏差について | トップページ | SBI証券、人気の低コストファンドの「投信マイレージ」付与率を引き上げ! あの投信も引き上げ対象に! »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.