« TOPIX ETF(1306)の信託報酬率が低下中 2021/1 | トップページ | MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 12 月報 »

2021年1月 7日 (木)

もしも、今、一からポートフォリオを組んだらどうするだろうか 2021

10年前にこんなエントリーを書いていました。


10年前は、リセットするならこんなポートフォリオにしたかった。

かつてはこんなポートフォリオにしたいなあ、と思ってました。

202101071

  • 外国債券:なし
  • 日本債券:定期預金等々
  • 日本株式:ETF
  • 外国株式:CMAM

CMAMっていうのが、なつかしすぎる。今なら、ニッセイ<購入・換金手数料なし>か、eMAXIS Slimですね。

で、10年前の現実はこんな感じでした。

202101073

外国債券クラス、このころは持ってたんですよね。逆に、個人向け国債はこのころ持ってませんでした。普通に定期預金。日本株式は、投信も持ってました。

時は流れました。

今、リセットするならこんなポートフォリオにしてみたい。

今の私が、もしリセットするならどうしてみたいと思っているかと言うと、こうです↓

202101072

  • 全世界株式は、eMAXIS Slim オールカントリー

10年前よりシンプル。で、今現在の目標ポートフォリオはこうです。

202101074

  • 外国債券:"なし"になった。
  • 日本債券:定期預金に加え、個人向け国債投入。
  • 日本株式:昔は投信も持っていたが、全部ETFにしてしまった。
  • 外国株式:結局いろんなファンドをごちゃごちゃ保有。
  • バランスファンド(ウェルズリーインカムファンド)はなくなった。
  • REIT:結局残る。

まとめ

ひとたび組んだポートフォリオ、買い漁った商品群を崩すのは難しいです。組み替えには労力含むコストがかかります。

とはいえ、外国債券を整理し、日本株はETFにしてしまったことが、この10年の個人的成果かな。

カウチポテトポートフォリオ(リスク資産:無リスク資産=1:1)という考え方は変わらず、ほぼそうなりました。リスク資産比率が、ポートフォリオの性格の多くを決めるのであります。ここは、一生キープしていきたい考え方です。

カウチポテト・ポートフォリオって言葉、大昔に流行った「カウチポテト族(ソファーに寝転んでスナック菓子を食べながらテレビをだらだら見るの図)」から来てるんですよね。もはや、この表現を使う人はいないはずです(笑)。

以上、年初早々、10年前の自分を見てみるのコーナーでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« TOPIX ETF(1306)の信託報酬率が低下中 2021/1 | トップページ | MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 12 月報 »

コメント

日本債券(個人向け国債)が紙くずになるリスクはお考えにならないのでしょうか?

投稿: | 2021年1月 7日 (木) 10時20分

>?様
コメントありがとうございます。
私は、ほとんど心配していません。可能性はゼロではないとは思いますが…。

多少のインフレならともかく、国債が本当に紙くずレベルになるときは、移住でもしない限りどんな資産にしていたところで国に資産を押さえられるでしょうし、それ以前に身の安全が心配です。

投稿: NightWalker | 2021年1月 7日 (木) 18時53分

こんにちは。数年前よりインデックス投資を始めた者です。そろそろ定年後の投資について考える年になり、nightwalkerさんの本を再読し、不安に思っていた事はほとんど対処法を確認でき少し安心したところです。今後もブログを楽しみにしております。
 ところでひとつお伺いしたいことがあります。現在のポートフォリオにREITを5%組んでおられますが、「今リセットするなら」には入れておられませんね。今私は安全資産:リスク資産=1:1を目指しており、分散投資先としてREITを少し加えようか迷っているところです。REITの扱いについてご意見を伺えれば幸いです。

投稿: クロツメ | 2021年6月29日 (火) 15時03分

>クロツメ様
コメントありがとうございます。MSCI ACWIには、相応分REITは含まれているので、あえてオーバーウェイトする必要はないんじゃないだろうか?という考え方です。とはいえ、株式クラスとの相関はそれなりの距離感があるようなので、持っていてもそれなりの分散効果はあるのかなと考えています。

投稿: NightWalker | 2021年6月29日 (火) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TOPIX ETF(1306)の信託報酬率が低下中 2021/1 | トップページ | MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 12 月報 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.