« MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 11 月報 | トップページ | 井戸美枝さん出演の良コンテンツ「年金はつくれる 「高く、長く、遅く」で2000万円増」のご紹介 »

2020年12月 6日 (日)

運用会社別 インデックスファンドの純資産総額の比較 2020/12

突然ですが、各運用会社のインデックスファンドの資産総額が気になったので、例によってモーニングスターさんで調べてみました。

運用会社別 インデックスファンドの純資産総額の比較

  • 2020/12/5 モーニングスターで検索して、えっちらおっちら集計
  • 検索条件:ETF・DC専用・SMA専用を除く全ファンド &インデックスファンドのみ
  • ファンドカテゴリー国内株式、国際株式
順位 国内株式 純資産総額
(百万円)
国際株式 純資産総額
(百万円)
1 アセマネOne 345,940 三菱UFJ国際 699,674
2 三菱UFJ国際 305,456 楽天 230,765
3 日興 260,279 ニッセイ 218,533
4 ニッセイ 230,923 三井住友TAM 215,980
5 大和 161,495 アセマネOne 134,428
6 三井住友DS 155,684 SBIアセット 116,338
7 野村 131,445 大和 91,341
8 三井住友TAM 61,943 野村 86,996
9 しんきん 48,495 三井住友DS 86,030
10 アムンディ 38,041 日興 73,647
Top10圏外 13社 86,680 10社 105,902
- 総計 1,826,381 総計 2,059,634

三菱UFJ国際投信、強いですね。特に国際株式クラス。どちらのクラスも、上位6社で8割くらいのシェアです。

国内株式1.83兆円、国際株式2.06兆円。インデックスファンドの資産総額もだいぶ大きくなりました。

ついでに、各クラスの純資産総額上位10ファンドをリストアップしてみます。

国内株式クラス

ファンド名 会社名 信託報酬等 純資産額
(百万円)
インデックスファンド225 日興 0.57% 197,010
ニッセイ 日経225インデックスファンド ニッセイ 0.28% 168,033
MHAM 株式インデックスファンド225 アセマネOne 0.61% 147,707
日経225ノーロードオープン アセマネOne 0.88% 134,434
三菱UFJ インデックス225オープン 三菱UFJ国際 0.68% 100,858
三井住友・225オープン 三井住友DS 0.66% 74,814
ストックインデックスファンド225 大和 0.57% 70,779
インデックスファンド225 三菱UFJ国際 0.57% 56,438
三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスF 三井住友DS 0.18% 43,169
しんきん インデックスファンド225 しんきん 0.88% 38,262

割高な時代遅れなファンドが並んでます。日本株の不幸な経緯を物語ってますよね。最近になってようやくローコストのインデックスファンドができたときには、世界時価総額型分散が常識化し、誰も日本株に見向きもしなくなったというか、それ相応の比率で十分と見なされ…。

かろうじて、三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドがランクイン。DCって書いてありますが、本ファンドはDC専用ではありません。

国際株式クラス

ファンド名 会社名 信託報酬等 純資産額
(百万円)
ニッセイ 外国株式インデックスファンド ニッセイ 0.10% 216,331
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際 0.10% 213,532
楽天・全米株式インデックス・ファンド 『愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式)』 楽天 0.16% 165,482
eMAXIS Slim先進国株式インデックス 三菱UFJ国際 0.10% 144,536
SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド 『愛称:SBI・バンガード・S&P500』 SBIアセット 0.09% 94,472
SMT グローバル株式インデックス 三井住友TAM 0.55% 83,263
たわらノーロード先進国株式 アセマネOne 0.11% 78,794
eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー) 三菱UFJ国際 0.11% 69,470
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 『愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)』 楽天 0.21% 60,764
SMTAM ダウ・ジョーンズインデックスF 三井住友TAM 0.76% 49,512

こちらは、国内株式とは打って変わって低信託報酬率のファンドが並びます。これまた、日本のインデックス投資浸透の経緯と大いに関係があるように思います。

ニッセイさんがんばってますねー。ニッセイさんのいいところは、ファンドが少数精鋭であること。どこかの会社みたいに、同じ指数に連動するインデックスファンドを、商流を言い訳に何本も立ち上げるなんてことはしてません。

ちょっとびっくりなのはSMT グローバル株式インデックスのランクイン。今となってはわざわざこのファンドを選ぶ人はいないでしょうし、いずれは馬群に沈むんじゃないかなあ。信託報酬率を下げない限り、そのうち私も手放して、ささやかに協力する予定です。

以上、運用資産別 インデックスファンドの純資産総額の比較 2020/12でした。

インデックスマーケットと言う観点で、エントリーを書きながら興味が湧いてきたので、チェック項目を今後ブラッシュアップしながら、継続的にウォッチしていきたいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 11 月報 | トップページ | 井戸美枝さん出演の良コンテンツ「年金はつくれる 「高く、長く、遅く」で2000万円増」のご紹介 »

コメント

まだみんな、SMT グローバル株式インデックス持ってるんですねえ~

僕もですが...いつ乗り換えるか...

このファンドを積み立てていた人は、含み益が相当あるだろうから悩みどころです。

春先のコロナの急落でも含み益がかなりあったからなあ。


投稿: はーぶ | 2020年12月 6日 (日) 11時32分

>はーぶ 様
コメントありがとうございます。
結局、「使うときに売る」かな、と。いつかはなくなるはずです。

投稿: NightWalker | 2020年12月 6日 (日) 12時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信 2020. 11 月報 | トップページ | 井戸美枝さん出演の良コンテンツ「年金はつくれる 「高く、長く、遅く」で2000万円増」のご紹介 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.