« 三菱UFJ国際投信さん自身によるブロガーミーティングの開催レポートはけっこう勉強になる件。 | トップページ | アーリーリタイアと郊外生活 2020 »

2020年12月 3日 (木)

迫る 2016年NISA非課税投資枠の「移管」期限

日経田村正之さん。先月から月イチになった「お金を殖やすツボとドツボ」シリーズをひたすらご紹介する久しぶりのエントリー。第29回のテーマは、こちら。

迫るNISAの「移管」期限

今、資産形成をしているほとんどの方は、つみたてNISA一択で良いと思います。あと20年くらいは、ロールオーバーも何も心配無用です。

今回の記事は、なんとも悩ましい一般NISAについて。

  • ロールオーバーすると、実質の非課税枠が拡大することもある(うまくいけば)。
  • NISA枠で損をしていても、損益通算に使えない

こういったことを考慮しつつ、期限が迫るロールオーバーについて考えてくださいねーという話です。

また、新NISA制度により制度継続が決まり、「21年に移管して5年持った分をさらに26年からの新NISAの枠に2度目の移管をすることも制度上可能になった」件についても触れています。

ご興味のある方は、ご一読くださいませ。

雑談

私が、一般NISAを選んでいる理由は、だいたい、以下のような理由でした。

  • ETFを買いたかったから。分配金がとりあえず非課税。
  • 値上がりしたときのリバランス枠と割り切ってみる。

というかですね、

  • つみたてNISA制度ができるのが遅すぎた。ずるい(笑)。

制度できたの早期リタイア後ですからね(T.T)

残りの人生の少ないシニア限定で、現有のNISA資産を、せーのでつみたてNISA枠に移管することができたらなあ、なんて夢想する今日この頃です。

てなわけで、とりあえず、今年はロールオーバーです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 三菱UFJ国際投信さん自身によるブロガーミーティングの開催レポートはけっこう勉強になる件。 | トップページ | アーリーリタイアと郊外生活 2020 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三菱UFJ国際投信さん自身によるブロガーミーティングの開催レポートはけっこう勉強になる件。 | トップページ | アーリーリタイアと郊外生活 2020 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.