« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.10の月次報告 & 祝600億円突破! | トップページ | 相場が急上昇したときはリバランスを急いだほうがよいのでしょうか? »

2020年11月16日 (月)

アーリーリタイアと年金生活 2020

日経さんです。

はじめに

年金制度の改正法案は多くが2022年4月から施行され、以下の変更があります。

  • 年金受給開始は60歳〜75歳(現行70歳)を選べる。
  • 標準は65歳受給開始。繰上は1ヶ月毎に0.4%ずつ減(現行0.5%)。繰下は1ヶ月毎に0.7%増(変更なし)

在職老齢年金制度の見直しはありますが、記事によるとこの恩恵は、男性は1957年4月2日~61年4月1日生まれ、女性は57年4月2日~66年4月1日生まれに限られるとのことです。当ブログの多くの読者様には関係ない話と思われます。というか、私、そもそも働くよていはもうないし(^^;)。

繰り下げする目的やケースは、次の3つくらいが思い浮かびます。

その1 長生きリスク耐性を上げたい

私はこれですかね。年金は繰り下げておき、それまでは取崩生活をするという考え方。早期リタイアで減った分の年金を少しは取り戻す、という意味合いもあります。

その2 マクロ経済スライド対策

現在の年金制度は、インフレに連動して、年金の実質受給額が自動的に調整されることになっています。「長くはたらき年金を繰り下げる」というのは、これからの主流の考え方になるでしょうね。もうひとつの対抗手段は、リスク資産運用すること。

その3 働いており当面は年金不要

特に必要なければ、あえてもらわず、楽しみは後に取っておくという考え方です。今後は、このパターンが多くなるかもしれませんね。

雑談 アーリーリタイアと年金生活

早期リタイアするときに考えたことの一番目が、年金は大丈夫か?ということです。

あたりまえですが、サラリーマンを辞めれば、確実に厚生年金は減り、厚生年金の良さを痛感することになります。厚生年金の良さとは、一生もらえ、遺族年金など副次的恩恵もある(家族がいるとけっこう切実)こと。

早期リタイアするに当たって、年金減について、どう考えると良いか、私なりに整理すると、

  • 早期リタイアするということは売上の少ない自営業(自由業)になることなのだから、あたりまえ、と認識する。
  • 年金の繰下げ、加給年金、企業年金に終身がある場合には利用を検討する(早くやめた分、長くもらい続けることができる可能性がある。企業年金の存続可能性とのトレードオフ)

あとは、

  • 結局、お金が解決する、と考える。

ここに尽きます。最後のところに不安を感じる人も多いのかもしれませんが、ここを合理的に判断できるようになる力こそが金融リテラシー。誰にでもいつかは訪れるリタイアの日までに、資産運用などを通じて身に付けたいですね。実感です。

結局、何歳まで働くかは、政府としての意向はあるにせよ、個人の自由ということであり、現代日本はそれを選べる社会なのです。これをポジティブに理解できないメンタリティの人には、早期リタイアは不可能と私は考えます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.10の月次報告 & 祝600億円突破! | トップページ | 相場が急上昇したときはリバランスを急いだほうがよいのでしょうか? »

コメント

気がかりな「将来世代の財源に課題」

オークの場合は、
その4 年金受給しながら、働き運用を続ける。
です。
年金制度はこの先、どう変わるか予測不能。人生も一寸先は闇。
先の楽しみより、今を大切にする。減額承知で60歳から受給開始。
一方、身体が動くうちは働き厚生年金を納める。そして、余裕資金
で資産運用を継続し、「自分年金」を育てる。

それより、日経さんの記事 最後の囲み記事
「将来世代の財源に課題」が気がかりでした。

投稿: オークX32 | 2020年11月16日 (月) 09時01分

>オークX32様
私のその1〜3は、繰り下げる目的に関するものです。もちろん、記事に書いたとおり、いつから年金受給するか、いつまで働くかは、個人の自由です。

保険料拠出期間の延長、マクロ経済スライド年金改定(実質値下げ)ルールの見直しの見送りは、この変更を軟着陸させるための土壌がまだ整っていない、というところでは?おそらく、ワークロンガーの定着がひとつのカギではないかと。

投稿: NightWalker | 2020年11月16日 (月) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.10の月次報告 & 祝600億円突破! | トップページ | 相場が急上昇したときはリバランスを急いだほうがよいのでしょうか? »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.