« 今ってバブルなの? 庶民が株価の前に考えるべきこと | トップページ | 資産形成の目標時期と目的を考えて見る »

2020年11月23日 (月)

そういえば、早期リタイアして新しくやろうと思っていたことは何一つやらなかった件

早期リタイアしたい理由の中に、「やりたいことをやりたいようにできるから」というのがあります。その観点で、私の場合、どうだったか、つらつらと。

その1 早期リタイアして新しくやろうと思っていたことは何一つやらなかった。

私自身は、会社での仕事や立ち位置がやりたいことができないなあ、と思ってやる気が出なかったら、早期退職勧奨を受け、そのままリタイアしたという流れです。辞めると決めた途端、妙にウキウキして「あれやろう、これやろう」と考え出しました。

しかし、早期リタイアしたら新しくやろうと思っていたことは何ひとつ、やってません。

なんか、リストを作って新しく始めようとしたら、やりたいことが、やらねばならぬ的に変質しちゃったんですよねー。で、結局やらないと(笑)。

その2 やりたいことは、在職中からやっておいた方がよい。

じゃ、やりたいことをやっていないかというとそうではありません。ただ、思うに、在職中にやってたときより生産性は落ちています。人間、何か制約があった方が、脳も体も良く動くというようなところがあるようです。

なので、やりたいことがあるひとは、リタイアするまで待たず、今やってしまう方が良いと思われます。わざわざ辞めなくてもやりたいことができるじゃん、と言うことに気が付く人もいるかもしれませんね。

その3 やりたいと特に思ってなかったことはやってしまう。

じゃ、新しくハマることがないかというと、そうでもないのです。でも、それには、二つほどきっかけがあることに気が付きました。

  • 半ば義務感を持って始めたことをついサボり、別の新しいことをやろうとする自分から発見する。
  • コロナのような行動的制約の中から生まれる。

「義務感」「制約」こそが、自由の源泉という矛盾。

新しいことをやっているときに、最近、注意していることは、懐古趣味に走らないこと。たとえば、音楽にしても、つい自分の青春時代の音楽ばかりを物色してしまいがちですけど、どんな方向性でも良いのでコンテンポラリーなものにも目を向けないといけないなということ。食わず嫌いになっている自分に気付かされます。

そんなことを痛感する、仙人生活な今日この頃です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 今ってバブルなの? 庶民が株価の前に考えるべきこと | トップページ | 資産形成の目標時期と目的を考えて見る »

コメント

懐古趣味での再発見

懐古趣味いいと思います。YouTubeでなつかし頃の楽曲聞き直しています。その頃が懐かしく甦ります。聞き直す事で、再発見があります。コード進行、感情移入、「やりたい事を幾つ持っているか?」が人生の豊かさではないでしょうか?新しい事を拒否している事だはありません。好きな事、楽しい事を続けられる事が余生を生きる必須だと思います。

投稿: | 2020年11月23日 (月) 08時35分

>?様
コメントありがとうございます。
私も懐古趣味を否定しているわけではありません。まあ、バランスかなと。

投稿: NightWalker | 2020年11月23日 (月) 10時48分

在職中からやりたいことはやる。何か制約がある方が脳も体もよく動く。なにも辞めなくても、リタイアを待たずとも、やりたい事はできる。制約や義務感がじつは自由の源泉。。。すごく共感します。

投稿: すー | 2020年11月24日 (火) 08時02分

>すー様
コメントありがとうございます。
法的に問題だったり、家庭がたいへんだったりする極端なケースもありますが、おおむね、仕事をやりたいことができない理由にする必要はないと思ってます。

投稿: NightWalker | 2020年11月25日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今ってバブルなの? 庶民が株価の前に考えるべきこと | トップページ | 資産形成の目標時期と目的を考えて見る »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.