« スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 | トップページ | 早期リタイア後「そしてインデックス投資が残った」で良かったと思ってしまった話 »

2020年10月21日 (水)

ネット証券のiDeCoで買える全世界株式クラスのインデックスファンド 2020/10

松井証券さん。iDeCoのラインナップの拡充です。

ネット証券のiDeCoで買える全世界株式クラスのインデックスファンド 2020/10

本エントリーで比較する全世界株式クラスは、当ブログの下記エントリーなどで紹介している、これ一本で全世界まるごとタイプのインデックスファンドです。除く日本とか、アクティブファンドとか、中小型株などは除いてます。

比較する証券会社は、以下の4社。

ファンド名 信託報酬率
(税込)
SBI 楽天 マネックス 松井
eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型) 0.1144%      
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.1144%    
楽天・全世界株式インデックス・ファンド (楽天・バンガード・ファンド(全世界株式)) 0.212%    
SBI・全世界株式インデックス・ファンド (愛称:雪だるま(全世界株式)) 0.1102%程度      

雑談

松井証券さん、攻めてきましたねー。全世界株式以外も、eMAXIS Slimでラインナップを固めてきました。全カテゴリーに三菱UFJ国際投信がならんでます。個人的には、ナンバーワンのラインアップとなってます。

オールカントリー一択の現状では、オールカントリーを持っているマネックス証券、松井証券を推したいところです。

SBI証券や楽天証券ユーザーで、iDeCoも同じ会社に揃えたいという人は、ひとつの方法論として、全世界株式クラスをあえて買わず、バラ買いするという戦略も有ります。

たとえば、SBI証券の場合、

  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

を組み合わせるなんて、パターンの人も多いかもしれません。

楽天証券の場合は、個人的には、バラ買いをイマイチしたくならないラインナップ(^^;)。なので

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド (楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))

を割り切って買う。

こんな感じでしょうか。

なんだかすっきりしませんね。顧客目線で考えた制度だったはずの35商品制限が結果的にいまひとつ顧客本位にならなかったという。なんともはや厚労省、という感じです。iDeCoも含め、確定拠出年金は制度自体も含めて発展途上です。

でもまあ、iDeCoの良いところは、ファンドを買い換えても非課税というところ。今後の展開に期待しましょう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 | トップページ | 早期リタイア後「そしてインデックス投資が残った」で良かったと思ってしまった話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 | トップページ | 早期リタイア後「そしてインデックス投資が残った」で良かったと思ってしまった話 »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.