« 最近、不思議と早期リタイアの相談を受けなくなったような気がする、という話 | トップページ | スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 »

2020年10月19日 (月)

つみたてNISAのインデックスファンドをスクリーニングしてみる 2020/10

つみたてNISAもかれこれ3年。対象商品も177本となってます。

はじめに

先日来、生き残り続けるファンドの話をしてましたが、具体的にどのファンド?となるわけです。その最有力候補の一つが「つみたてNISA対象商品」。なにしろ、少なくとも20年は継続しますって、金融庁に約束しちゃったようなものですからね。

ということで、今回は、つみたてNISAのインデックスファンドをささっとスクリーニングしてみます。

条件

  • 容易に買えるインデックスファンド。
    (代表としてSBI証券のファンド検索を利用)
  • 信託報酬率 0.2%以下
  • 純資産総額100億円以上

インデックスファンドはコストが命。これまでのコスト競争で脱落していない水準として、信託報酬率は、0.2%以下(税込0.22%以下)としてみました。

国内株式クラス

ファンド名

信託報酬率

(税込)

純資産

(百万円)

三井住友DS-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド 0.176% 39,058
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 0.154% 31,047
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.154% 21,647
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド 0.154% 13,327
大和-iFree 日経225インデックス 0.154% 11,845
One-たわらノーロード 日経225 0.187% 26,905
三菱UFJ国際-つみたて日本株式(日経平均) 0.198% 16,949

国際株式クラス

ファンド名

信託報酬率

(税込)

純資産

(百万円)

SBI-SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
(愛称:SBI・バンガード・S&P500)
0.0938% 78,580
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.0968% 174,718
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 0.1023% 201,838
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 0.1023% 130,678
One-たわらノーロード 先進国株式 0.1099% 69,436
SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド
(愛称:雪だるま(全世界株式))
0.1102% 10,191
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 0.1144% 52,657
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 0.1144% 28,349
楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド
(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
0.1620% 145,405
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 新興国株式インデックス 0.1870% 37,022
野村-野村つみたて外国株投信 0.2090% 21,264
楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド
(愛称:楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
0.2120% 52,952
三菱UFJ国際-つみたて先進国株式 0.2200% 18,729

バランス

ファンド名

信託報酬率

(税込)

純資産

(百万円)

三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.154% 63749
ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型) 0.154% 36746
ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型) 0.154% 18666
ニッセイ-DCニッセイワールドセレクトファンド(債券重視型) 0.154% 16629
One-たわらノーロード バランス(8資産均等型) 0.154% 11691
大和-ダイワ・ライフ・バランス30 0.198% 16203
大和-ダイワ・ライフ・バランス50 0.220% 13499

まとめ

だいぶ減りました。やはりeMAXIS Slim とニッセイの強さが目立ちますね。

信託報酬率は、税抜0.15%あたりをしきい値にしても良かったかなと思う、低水準ぶり。ああ、20年前、この水準だったら(T.T)。

重要なのが、純資産総額。

日本株の人気のなさがなんとなく伺えます。今や主力は、国際株式です。これも、20年前とは打って変わった状況と言えるのではないでしょうか。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは2000億円超え。あと、ふと気付いたのが、オールカントリーの純資産総額が、楽天VTを抜きそうなことです。

以上、つみたてNISAのインデックスファンドをスクリーニングしてみるの巻でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 最近、不思議と早期リタイアの相談を受けなくなったような気がする、という話 | トップページ | スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近、不思議と早期リタイアの相談を受けなくなったような気がする、という話 | トップページ | スペックはまあまあ良いのになぜか買うのがためらわれているインデックスファンドの話 »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.