« 大和アセット iFreeETF TOPIX(2625)、iFreeETF 日経225(2624)が、突如上場 なんで今さら?と思ったら・・・ | トップページ | インデックスファンドの中身は、何もしなくても変わっているんだなあ、と実感してみる話 »

2020年10月27日 (火)

株取引は高齢者でもネット利用が増えているが、投資信託はそうでもない件

QUICK資産運用研究所 さんです。

 

20代~30代の若年層、「投資」に関心を持ったきっかけは?

元ネタは、こちらです。

概要と言いつつ、かなり分量があります。40ページ。

さて、QUICK資産運用研究所さんが、冒頭ご紹介の記事で着目したのが、20代~30代の若年層の投資のきっかけ。

  • 1位:投資に関する税制優遇制度(NISA・つみたてNISA・確定拠出年金制度)があることを知った。
  • 2位:少額(例えば1,000円)からでも投資を始められることを知った。
  • 3位:今の収入を増やしたいと思った。
  • 4位:分散投資などリスクを抑えて投資をする方法があることを知った。

いいですねー。優遇制度の話もですが、投資信託や分散投資という考え方の周知を背景に「時間のたくさんある若者はやらないという判断はない。できるところからやってみよう」。そんな時代になったことが伺えます。うれしいなー。

ちなみに、「証券会社や金融機関から勧誘を受けた」は、20代では最下位でした。この理由は、ご想像の通り高齢になるほど増えます(^^;)。

なお、20年前に投資を始めた、当時の私の答えは、あてはまるものはない→「ネット証券ができて面白そうだったから」・・・でした。

株取引は高齢者でもネット利用が増えているが、投資信託はそうでもない件

日本証券業協会さんの調査結果は多岐に渡っているのですが、ちょっと目を引いたのが、株式取引に関して言えば、70代以上の7割が、ネット取引(パソコン+タブレット+スマホ)を活用していること。(p11) スマホ取引が少ないのはしょうがないです。字がちっちゃいですから。

ところが、投資信託となると、状況が変わってきます。(p15)

若い人がネット取引が多いのは「変わらず」ですが、70代以上は、7割が証券会社や銀行の店頭での取引。50代でも銀行の店頭が約20%、とそれなりにいらっしゃいます。

声を大にして言いたい。

投資信託もネット証券で買った方が、おおむね安いし、変な勧誘リスクもないしいいですよ。

まあ、高齢者は若年層のなれの果てですから、いずれ、この世界、ネットだらけにはなるとは思います。

----

冒頭、引用したQUICK資産運用研究所さんの記事タイトル、"きかっけ"になってましたけど、勝手に直しときました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 大和アセット iFreeETF TOPIX(2625)、iFreeETF 日経225(2624)が、突如上場 なんで今さら?と思ったら・・・ | トップページ | インデックスファンドの中身は、何もしなくても変わっているんだなあ、と実感してみる話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大和アセット iFreeETF TOPIX(2625)、iFreeETF 日経225(2624)が、突如上場 なんで今さら?と思ったら・・・ | トップページ | インデックスファンドの中身は、何もしなくても変わっているんだなあ、と実感してみる話 »

 
 
Copyright © 2005 - 2020 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.