« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.6の月次報告 | トップページ | パッシブ脳とアクティブ脳の使い分けについて考える。 »

2020年7月11日 (土)

孤独は密かな愉しみ

アーリーリタイアしてからかれこれ5年。最近は、年代の近い先輩諸氏から「定年になりました」という連絡をよく受けるようになりました。

はじめに

そして「とは言え、再雇用でまだ働きます」「次の仕事も決まってます、心機一転」と続くのが定番。長年専業主婦だった人も、子育て終了するとパートで働き出して、そのまま、長時間勤務に突入。厚生年金も入っているという人も多いです。(これ自体は良いことです)

ただ、「働かないでごめんなさい」という恐縮の念なのか、「会社員コミュニティに参加できない」という寂寥の念なのかはわかりませんが、このとき感じるのは、私はマイノリティー=孤独なんだなということです。

アーリーリタイアしてこの方、どんだけ孤独だったのか振り返るべく、「孤独」をキーワードに私の仙人生活エントリーをピックアップしてみました。

時系列順に並べてみましたが、思ったより少ない・・・読み返してみるに私、やっぱり孤独と感じていない模様です。我ながら面白い。大きく2つの理由があります。

孤独は密かな愉しみ

ひとつは、実態として孤独じゃなかったということ。家族もいるし、労働とは関係ない活動をともにする仲間もたくさんいます。そして活動できるほどには健康です。会社を辞めたくらいでは孤独になりませんでした。

しかし、そんな私がいる一方、実は私、孤独が好きなようです。これがもうひとつの理由。前から気が付いてはいたのですが、今回のコロナ自粛で確信しました。

私にとって「孤独」は密かな愉しみだったのでした。より正確に言うとしたら、「孤独な時間があるからこそつながる世界があり、その世界において私は孤独ではない」のです。

これは、ネットの発達とも密接な関連があります。良い時代です。

リタイアすると孤独になるという現象は、過去の遺物になるのかもしれません。労働するしないではなく、好奇心の有無こそが孤独かそうじゃないかの分かれ道。世俗に対する好奇が薄れ「咳をしてもひとり」の域に私が到達するのには、もう少し、時間がかかりそうです。

ところで、今回、「孤独」という文字ばかり書いていたら、ゲシュタルト崩壊して一瞬、「孤独」が「孤独」に見えなくなりました。そんな今日この頃です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.6の月次報告 | トップページ | パッシブ脳とアクティブ脳の使い分けについて考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2020.6の月次報告 | トップページ | パッシブ脳とアクティブ脳の使い分けについて考える。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.