« 年金不安で「カモられない」 権丈善一先生と井戸美枝さんのスペシャル対談が読めますよ。 | トップページ | 投資すべきではないシニアにならないためには? »

2020年5月 9日 (土)

早期リタイアを決断してから5年のミニ総括。

私が実際に早期退職したのは9月末でしたが、その前に決断したのは、5年前のゴールデンウィーク。今回は、早期リタイア決断、5年目のミニ総括です。

早期リタイアしてよかったこと

一番良かったことは、サバティカル効果。サバティカルとは、古代ユダヤ人が7年目ごとに休耕した安息年のことです。会社勤めをしているときには気がついていなかったのですが、私は、目に見えない疲労で、けっこうボロボロだったのでした。早期退職して気が付きました。

今の心境をひと言で言えば、

 「死ぬ前に休んどいて良かった」

休んでも、まだ、少しは残りの人生がありますからね。

死ぬまで疾走し、前のめりに倒れて死ぬ。みたいな古典的男子のサムライ美学は、私には不向きだったのでした。

ちょっぴり残念だったこと

残念だったのは疲れ果てていたため、せっかくお金で買ったこの5年間を十分に使えなかったこと。まあこれは、サバティカルの裏返しですから、致し方ありません。

下記、名著に、「誰もが五年から十年ごとにサバティカルを取るべきだ。体と魂を若返らせ、新鮮な気持ちで仕事を続けるために。サバティカルには最低6ヶ月は必要だろう。」と書いてあったのはホントでした。私の場合、「体と魂を若返らせ、新鮮な気持ち」を十分に取り戻すまで、30有余年の労働に対し、5年の歳月が必要でした。大学生活分くらいの時間?

せっかく、早期リタイアするのであれば、疲れ切る前の早期リタイアがオススメです。お休みの期間をもう少し短くでき、人生をより有意義なものにできるかもしれません。

でも、こればっかりは、運命の扉がいつ開くのかですからね。それに、30年とちょっとのサラリーマン生活が必ずしもムダだったとも思えません。プロの世界でしか知り得ないことや人に出会え、私の血となり肉となってます。私のブログの行間からもそれはにじみ出てるはずです、たぶん(笑)。

というわけで、再度の離陸の準備がなんとなくできた気がする今日この頃です。今にして思えば、このブログを早期リタイア後、毎日更新していたのも、そのためのリハビリの一つだったのかも。そう言う意味では、サバティカルの終焉とともに、このブログとの付き合い方も、少し変化するかもしれません。

以上、早期リタイアを決断してから5年のミニ総括、でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 年金不安で「カモられない」 権丈善一先生と井戸美枝さんのスペシャル対談が読めますよ。 | トップページ | 投資すべきではないシニアにならないためには? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金不安で「カモられない」 権丈善一先生と井戸美枝さんのスペシャル対談が読めますよ。 | トップページ | 投資すべきではないシニアにならないためには? »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.