« 法改正でNISA制度はどう変わる? | トップページ | リバランスの季節 2020 »

2020年5月28日 (木)

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の純資産総額が1,000億円を突破!

楽天バンガードHEADSさんです。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の純資産総額が1,000億円を突破!

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」、通称「楽天VTI」の純資産総額が1,000億円を突破!

5/27付けの楽天バンガードシリーズの純資産総額は、1478.82億円。楽天バンガードの純資産総額の70%近くを占めるまさに旗艦ファンドです。

基準日:2020年05月27日の楽天バンガードファンドの純資産総額↓

投資信託名 純資産総額
(億円)
楽天・全世界株式インデックス・ファンド 381.54
楽天・全米株式インデックス・ファンド 1000.55
楽天・新興国株式インデックス・ファンド 11.45
楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 24.69
楽天・全世界債券インデックス(為替ヘッジ)ファンド 1.6
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型) 39.62
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型) 7.4
楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型) 11.97

いつもは、「全世界」、「未来は誰もわからない」なんてつぶやいている私が、めずらしく全米株式を取りあげた理由がこちら↓

20200528

コロナショックの荒波を見事跳ね返す純資産総額の伸びです。すごいですね。

3月の資金流入が大きかったことと、その後の相場の半値戻しが効いたものと思われます。楽天VTIの受益者は、さすが、したたかな投資家が多いようであります。

コロナ・リバランス?

インデックス投資家的には、ある種の「リバランス力」と読み取りたいところです。同ファンドは積立てで活用している方も多いでしょうから、暴落にめげない「つみたて力」の賜物とも言ってみたい。

米国株に限らず、相場の半値戻しで、今月でいったんリバランス終了という方も多いかもしれませんね。

ただ、今後はわかりません。コロナの第2波は来るかもしれないし来ないかもしれない。相場の二番底も同じ。「長期投資家にとっての買い場は意外と長い」という私の経験則が今回も起きるのか起きないのか。

科学では、予想できることとできないことがあり、一見、科学的に見える非科学的な予想は最悪です。最後は自己責任。

そんな不確実な未来を航行するためには、ぶれない航路を決め、粛々と守る。ほっと一息な、いまこそ肝に銘じたいと思う今日この頃でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 法改正でNISA制度はどう変わる? | トップページ | リバランスの季節 2020 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 法改正でNISA制度はどう変わる? | トップページ | リバランスの季節 2020 »

 
 
Copyright © 2005 - 2022 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.