« やっぱり危機はあさっての方向からやってきた  2020 | トップページ | 「本音が飛び出す! つみたてNISA座談会」最終回。ちょっと付け加えておきたい一番大事なこと。 »

2020年3月14日 (土)

ウーハンウイルスショック後の株価はどうなったのか? 2020/2

投資とは忘れることと見つけたり。バイ・アンド・フォゲットこそが、バイアンドホールド道の極意とされるワケですが、わたしは、そこまで行ってませんので、ちょっと市場をチェックしてみます。

ウーハンウイルスショック後の株価はどうなったのか?

と言っても、いつもの株価推移の比較。今回のウイルスの発信源は、なにやら陰謀説がうごめいている感もありますが、中国武漢(ウーハン)。その中国の株価がどうなったのか、日興AMの東証ETFで比較してみます。

期間は2020/1/6 -3/13まで。期間が短いのであまり意味がありませんが、分配金再投資の価額による比較。

20200314

なんと!

 目下絶賛急降下中の全世界を尻目に、中国株堅調

です・・・。

「責任、世界に押しつけるなよ」的な展開。

相場回復期に向けた投資戦略について考える

こんなのを見ていると、リーマンショック後、トラブル発信源の米国がちゃっかり大きく復活し、取り残された日本の悪夢がなんとなく蘇ってきます。

さて、長期投資家として肝に銘じておくべきことの一つに「暴落後の復活の過程では市場構造に変化が生じ、時に時代の転換点になり得る」というのがあります。これに着眼した戦略は、ふたつあります。

(1)これから伸びると思う国や会社に賭けてみる。
(2)どこが伸びてもなんとかなりそうな世界株式会社に賭けてみる。

私は(2)。「20世紀は日米英の時代。21世紀は富拡散の時代」が昔から持論の私としては、どこに拡散しようと関係ない投資先が好みなのです。

何年か後には、米国株ブログの代わりに、中国株ブログ、とか、インド株ブログが、台頭してくるかもしれないなあ。

以上、ほとんど私がグラフ書いてみたいだけのエントリーでした。

余談

当ブログでは、今回のウイルス、勝手ながら、ウーハンウイルス、と呼ばせていただきます。

今回は、コロナショックと言う言い方が、主流のようですが、リーマンショックの時は、会社名(リーマンブラザースと言う会社があったのです。)ですから、ここは、記憶にきっちり残すためにも固有名詞でしょう。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« やっぱり危機はあさっての方向からやってきた  2020 | トップページ | 「本音が飛び出す! つみたてNISA座談会」最終回。ちょっと付け加えておきたい一番大事なこと。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり危機はあさっての方向からやってきた  2020 | トップページ | 「本音が飛び出す! つみたてNISA座談会」最終回。ちょっと付け加えておきたい一番大事なこと。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2021 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.