« アーリーリタイアと休日感 | トップページ | 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 発表! #foy2019 »

2020年1月19日 (日)

純資産総額の小さいファンドはどのくらいあるか? 2020/1

投信を買う上で、純資産総額のチェックは重要です。ポイントは、絶対額とその推移。以前もやりましたが、今回は、その後編。

あれから2ヶ月 純資産総額2億円未満のつみたてNISA対象ファンドはどうなったか?

前回のエントリーでピックアップした純資産額が2億円未満のつみたてNISAのファンドが、2ヶ月でどうなったかチェックしてみました。前回と同じく、SBI証券の投信検索でスクリーニングしました。

  • 純資産総額2億円未満のつみたてNISA対象ファンドは、24本→21本になった。
  • おおむね、横ばいないしは微増。
  • ただし、ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)(愛称:ファンドパック3)は、前回の1億4千万円から3千5百万円に激減。  
ファンド名 2020/1
純資産
(百万円)
2019/11
純資産
(百万円)
One-たわらノーロード 最適化バランス(保守型)   13  11 
三菱UFJ国際-eMAXIS マイマネージャー 
1970s  
19  18 
三菱UFJ国際-eMAXIS マイマネージャー 
1990s  
19  18 
ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート/債券)
(愛称:ファンドパック7)  
21  18 
三菱UFJ国際-eMAXIS マイマネージャー 
1980s  
22  21 
ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式)
(愛称:ファンドパック3)  
35  140 
三井住友TAM-SMT 8資産インデックスバランス・オープ
ン  
36  33 
ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(内外・株式/リート)
(愛称:ファンドパック5) 
37  32 
One-たわらノーロード 最適化バランス(成長型)   38  22 
ニッセイ-ニッセイ・インデックスパッケージ(国内・株式/リート/債券)
(愛称:ファンドパック日本)  
42  34 
One-たわらノーロード 最適化バランス(安定型)   44  43 
三井住友TAM-i-SMT 新興国株式インデックス(ノーロー
ド)  
49  54 
ドイチェ-ドイチェ・ETFバランス・ファンド
(愛称:プラチナコア)  
63  59 
One-たわらノーロード 最適化バランス(安定成長型)   64  56 
One-たわらノーロード 最適化バランス(積極型)   65  49 
三井住友TAM-i-SMT TOPIXインデックス(ノーロー
ド)  
66  66 
三井住友TAM-i-SMT 日経225インデックス(ノーロー
ド)  
100  84 
三井住友TAM-SBI資産設計オープン(つみたてNISA対応型)
(愛称:スゴ6)  
113  101 
au-auスマート・ベーシック(安定)   128  102 
フィデリティ-フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2060
(愛称:将来設計(ベーシック))  
139  120 
三井住友TAM-i-SMT グローバル株式インデックス(ノーロー
ド)  
161  143 
One-たわらノーロード 全
世界株式  
209  156 
au-auスマート・ベーシッ
ク(安定成長)  
218  148 
三菱UFJ国際-つみたて先進
国株式(為替ヘッジあり)  
222  186 

雑感

これらの規模の小さい、つまり有り体に言えば不人気なファンドは、大きく、二つに分かれます。

  • つみたてNISAの対象として当ブログとしてはあまり積極的にオススメできないタイプのファンド
  • スペック的にはオススメしてもいいはずなのだが、おそらくインデックス投資家に見放されている会社のファンド

後者は、ズバリ、i-SMTシリーズ。

まだ、つみたてNISA対象ファンドの中の純資産総額では、まだ今のところは比較的高位に位置する「SMT グローバル株式インデックス・オープン」の信託報酬を値下げする以外に同社が浮上するのは難しそうに思われます。

eMAXIS Slimも、信託報酬の安いファンドを別に作ったわけで、既存の受益者をないがしろにしたという意味で似たようなものですが、今や大きな支持を得ています。「最安値宣言」「対応のスピード感」「受益者目線の販促活動(ブロガー交流会など)」「役員(つまり会社としての)のリーダシップ」この辺に要因があったわけですが、i-SMTの方は、どれもまるでない。

まあ、三井住友TAMの人は、私のブログなんて読んでないでしょうから、虚空に向かって叫ぶの巻ではあります。

個人投資家は、今、自分にとってベストな商品を選ぶだけであり、その選択の結果の指標の一つに今回取りあげた「純資産総額」があります。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« アーリーリタイアと休日感 | トップページ | 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 発表! #foy2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アーリーリタイアと休日感 | トップページ | 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2019 発表! #foy2019 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.