« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をTポイントで買ってみた。 | トップページ | 「大・早期退職時代」に必要なのは、自分本来の能力が発揮できる場所を見つけること »

2019年12月12日 (木)

長期分散投資の効果について考えてみる 2019末

何度見ても勉強になるGPIFさんのサイト。今回のお題はこちら↓

基本4資産分散(日本株式・外国株式・日本債券・外国債券の均等分散)は、激動の80年代から見てみると、1年のリターンではマイナスになることもあったが、

 10年のリターンだとマイナスになることはなかった。

というお話でした。

20191212

この10年リターンの図で気が付くのは、4資産分散にとって最悪の時期は、日本にとって最悪だった1990年代ではなく、リーマンショック後の数年だったということ。この理由を考えて見るに、

  • 1990年代は、「金利余力」つまり債券のリターンがそれなりにあった。
  • 2000年代は、世界的に低金利時代を迎え債券のリターンが期待できない状況の中で、内外株式の相関が高くなった。

みたいな話でしょうか。

長期投資といっても100年間投資できるわけではありません。人生は有限。何が今の自分にとって真実なのかを考えないといけません。で、私の整理はこうです。

  • 株式の自己増殖力、長期リターンについては信じる。
  • 債券の長期リターンにはあまり期待しない。
  • 分散によるリスク低減力は信じる。

つまりは、シーゲルさんの本で学んだことです。答え自体は超簡単。ひたすら「適度に株式を保有し続ける」なのでした。

それにしても、GPIFさんのサイトは何度読んでも勉強になり、あれこれ考えてみたくなります。パーソナルファイナンス教育が必要とされる昨今ですが、GPIFの現場にそのロールをお願いすれば良いのかも。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をTポイントで買ってみた。 | トップページ | 「大・早期退職時代」に必要なのは、自分本来の能力が発揮できる場所を見つけること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をTポイントで買ってみた。 | トップページ | 「大・早期退職時代」に必要なのは、自分本来の能力が発揮できる場所を見つけること »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.