« サラリーマンとしての寿命が尽きることに備える | トップページ | 2019/10末のポートフォリオ »

2019年10月30日 (水)

老後資金の2,000万円の寿命

さて、ちょっと前にあれほど騒いだ、老後に必要な2,000万円。今回は、この価値について、あらためて考えるエントリー。

老後資金の2,000万円は余裕資金

まず最初に言っておきたいことがあります。

それは、私の老後資金の2,000万円に対する考え方の基本は、「2,000万円足りない」ではなく、

 「2,000万円も余裕資金がある」

ということ。

その家庭でもらえる年金が、老後の生活費のベースロードだと認識することが前提で、まずは支出の見直し。もし、そのベースロードを上げたければ、「たくさん稼ぐ」「長く稼ぐ」「夫婦で稼ぐ」。この3点セットで厚生年金を増やすのが基本です。「長く稼ぐ」は、繰り下げ受給による受給額の増額にもつながります。

2,000万円の寿命

老後の資産=余裕資金とするなら、毎月どのくらいのお小遣いを取り崩すと、どのくらいのもつのか、2000万円の寿命を計算した表が下記です。

取崩し額 運用利率
0.0% 1.0% 2.0% 3.0% 4.0% 5.0%
月3万円 55.6年 81.1年
月5万円 33.3年 40.6年 55.0年
月7万円 23.8年 27.2年 32.4年 41.8年 76.2年
月10万円 16.7年 18.2年 20.3年 23.1年 27.5年 35.9年

は、その条件の場合、お金が増え続けてなくならないことを意味します。もちろん、これは計算上。リスク運用の場合は、運用利率が、所定の期間、マイナスになる可能性もあります。そう言う意味では、老後のリスク資産は、墓場まで持っていくかもという金額に抑えておくべきで、墓場まで持っていけないなあという場合は、どこかで投資家を卒業するという判断もそれはそれであるのではないかと考えます。いざ、アーリーリタイアしてみた実感もそんな感じ。

いずれにしても、2000万円、けっこう取り崩せるじゃん、というのが、私の感覚ではあります。

余談

選挙終了後、意味不明なバッシングは雲の子を散らすように消えました。

その程度の話だったわけですが、戦後、加工貿易→マネー敗戦→内需拡大と進んできた日本の経済戦略も少子高齢化で行き詰まった今。日本人がお金持ちになる唯一の戦略である「国民の資産形成」を促進する制度の足を引っ張ってどうするんでしょうか。先日のバッシングは、日本人がお金持ちになっては困る人がいるのか、選挙で見境がなくなってそのことが見えなくなっている人たちのたわ言だったのか。あらためて考えてしまう今日この頃でした。

金融庁は、早いとこ2000万円問題の後遺症から脱却して、「日本人がお金持ちになる戦略」の強化をがんばって欲しいと思うのです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« サラリーマンとしての寿命が尽きることに備える | トップページ | 2019/10末のポートフォリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラリーマンとしての寿命が尽きることに備える | トップページ | 2019/10末のポートフォリオ »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.