« セミリタイアと台風19号 | トップページ | セミリタイアの健康保険 国保か任意継続か、私の場合 »

2019年10月13日 (日)

セミリタイアライフの残り時間 2019

最近、よく考えるのが、セミリタイアライフの残り時間。

もしかして、もったいない時間の使い方をしている?

私は、アーリーリタイア向きというか、別に何にもしなくても大丈夫、というかそう言うのが好きな人です。ではありますが、ひとつ焦燥感に駆られていることがあります。それは、時間がどんどん過ぎていくこと。

いちおう、ありがたいことにいろいろお誘いをいただいたり、介護があったりで、それなりに充実した日々ではあります。ですが、やっぱり思ってしまうのです。「セミリタイアも、もう4年。このままでいいのだろうか」「もったいない時間の使い方をしているのではないだろうか」という、実に人間らしいありがちな思索にふけってみたりしてます。

何かをするにしたら、残り時間はどのくらいあるのだろうか?と考えてみるのです。

人生ワン・ラウンド7〜8年

最近の政府は、社会保険料欲しさに・・・じゃなかった人生100年、生き方改革で、70歳まで、いや75歳まで働けとご指導されています。これにまんまと乗っかちゃおうかと。

  • 75歳まで前期ならぬ元気高齢者になる。
  • そのために最も重要なことは、健康。
  • 健康ために最も必要なことは、アクティビティとその継続。

そう考えると、まだ15年以上の時間があります。

私が、これまでの人生で発見した法則の中に「人生ワン・ラウンド7〜8年」というのがあります。とするなら、あと2ラウンド分以上、リタイアした年から数えると、3ラウンド分。けっこうあるじゃないですか。今が、セミリタイアのファーストステージ。あとセカンドステージ、サードステージとあります。まあ、上述のように元気ならですけど。

となると、怠惰に過ぎていく、これはこれで心地よい日々と、いかに折り合いを付けるかだなあ。

あと、最近、つくづく感じているのが、ティーンエイジャーのころのような瑞々しくもエネルギッシュなインプット力の不足。何かをするには、インプットが重要なんですよ。これも人生で発見した法則のひとつ。ここは若さではなく、意思の力でなんとかしたいと考える今日この頃でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« セミリタイアと台風19号 | トップページ | セミリタイアの健康保険 国保か任意継続か、私の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セミリタイアと台風19号 | トップページ | セミリタイアの健康保険 国保か任意継続か、私の場合 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.