« SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))が信託報酬を年0.104%に引下げ | トップページ | お金のステップゼロ »

2019年9月 7日 (土)

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

昨日に続いて、SBIさんの新ファンドネタです。来週9/12から、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドが設定されます。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド

商品は至って簡単、

  • バンガードVOOを組み込んだS&P500連動インデックスファンド
  • 実質的な負担 年0.088%程度(税抜)(「信託報酬率年0.058%(税抜)+投資対象のコスト年0.03%程度」)

以上です。

指数は違いますが、同じく米国への投資である、楽天VTIを意識した信託報酬率の設定なんでしょうか。昨日の全世界SBI・全世界株式インデックス・ファンドと同じく、これまた、eMAXIS Slim米国株式(S&P500) の値下げはどうなるのか注目の集まるところです。

雑感 バンガードに望むこと

これでバンガード系の国内ファンド、基本的な指数は出揃っちゃいましたかねー。CRSP USトータル・マーケット・インデックスの楽天VTIと住み分けた格好でしょうか。個人的には、米国買うならS&P500かなあ。ただし、買うならこのファンドではなく、分配の出るETF。

今後、私が、バンガード&パートナー会社に望むことは、

  • ほんとは直販して欲しいがどうしても間接販売というなら、日本では売ってないタイプのファンド(ETFだけではなくミューチュアルファンド含む)を組み込んで欲しい。

です。当ブログの長年の読者のみなさんはピーンときたかと思いますが、

  • ずばり、ウェルズリーインカムファンドを組み込んだファンドを作って欲しい。
  • 再投資タイプと分配タイプの2つ
  • 再投資タイプは、日本独自でいいので、配当込みのコンポジット指数を作ってベンチマーク比較

ウェルズリーインカムファンドの経費率は、0.23%。もし、国内分の信託報酬率を0.1%くらいで勝負してくれると言うなら、実質的な負担は、0.33%というローコストなアクティブファンドのできあがりです。アクティブ=コストがかかるというもっともらしい論理が支配する我が国の投信業界をぎゃふんと言わせて欲しい。

そんなことを相変わらず願う今日この頃なのでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))が信託報酬を年0.104%に引下げ | トップページ | お金のステップゼロ »

コメント

「自分で作る」はどうですか?

若干円高が来ているので、ドルを買って米国ETFで自作する手があります。
ウエルズリーインカムファンドは債権60%株式40%の比率だったと記憶してます。
BND(0.04%) 毎月配当 60% VYM(0.06%)年4回配当 40% ドルでのインカムですけど
円転するも良し、インカム貯めて再投資するも良し、如何でしょう?

投稿: オークX32 | 2019年9月 7日 (土) 10時04分

>オークX32 様
コメントありがとうございます。
長期の実績のあるバランスファンドであること、日本の高コストアクティブファンドに一石を投ずる、といったあたりが主旨です。

投稿: NightWalker | 2019年9月 7日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))が信託報酬を年0.104%に引下げ | トップページ | お金のステップゼロ »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.