« たまには自分の取っているリスクをチェックしてみよう | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 第2期運用報告書 »

2019年9月14日 (土)

「たわらノーロード」「先進国株式」と「バランス(8 資産均等型)」の信託報酬率が最低水準に!

たわらノーロードの「先進国株式」の信託報酬率が、0.0999%(税抜)に下がります。

ご参考に相互リンク先のkenzさんの記事です。


「先進国株式」と「バランス(8 資産均等型)」の信託報酬率が最低水準に!

以下のファンドの信託報酬率が、業界最安値になります。

  • たわらノーロード 先進国株式 0.20%(税抜) → 0.0999%(税抜)
  • たわらノーロード バランス(8資産均等型)0.22%(税抜) → 0.14%(税抜)

消費税が上がる(はずの)10/1からです。

当ブログでも、「全世界だけ下げてもしょうが無い」「企業としてローコストに対する姿勢を見せないと見透かされる」と、ひっそり書いてきましたが、すみません、アセットマネジメントOneさん グッジョブです!

個人的にも「たわらノーロード先進国株式」は、保有ファンドなので、信託報酬が勝手に下がるのは、超うれしいニュースです。

取扱金融機関の多い「たわらノーロード」値下げの意味は大きい

今回、たわらノーロードが値下げしたのは非常に大きな意味があります。

それは、たわらノーロードシリーズは、ネット証券だけではなく、銀行やその他の金融機関でもけっこう取り扱っていることです(こちら)。販路をネット証券系に絞ってきたeMAXIS Slimや、<購入・換金手数料なし>ニッセイとは違うのです。

SMTシリーズ(旧STAM)の三井住友トラスト・アセットマネジメントさんや、旧eMAXISシリーズの三菱UFJ国際投信さんからは、値下げができない理由について、販売会社が多くて値下げ交渉がたいへんだという言い訳がちらほら聞こえていたのですが、いったいどういうことなんでしょうか。現場の鬼軍曹のかけ声一つで、

「やればできる」

ってことなんでしょうか。

SMT(旧STAM) シリーズや旧eMAXISシリーズも、値下げのための努力をして欲しい。昔なじみのお客さまを大切にする。それこそが、真の顧客本位です。今回のたわらノーロードの値下げは、奇しくもそれが可能なことを証明してしまったのではないでしょうか。

アセットマネジメントOneのみなさんの並々ならぬ営業努力に心の底から敬意を表したいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« たまには自分の取っているリスクをチェックしてみよう | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 第2期運用報告書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには自分の取っているリスクをチェックしてみよう | トップページ | 楽天・全世界株式インデックス・ファンド 第2期運用報告書 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.