« 私が、さくっと投信をチェックするときの着眼点 | トップページ | 長期投資家と相場の話 »

2019年8月17日 (土)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2019.7の月次報告

ムスコのつみたてNISAはこれ一本、私も毎日100円つみたて中の我が家のオススメファンド、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)。2019.7の月次報告です。

2019/7 ベンチマークとの乖離率

  • ファンド   2.3%(設定来 7.6%)
  • ベンチマーク 2.3%(設定来 7.6%)

今月の乖離は、3ヶ月連続で、プラスマイナス0.0%。設定来も、プラスマイナス0.0%。 

運用快調。三菱UFJ国際投信運用陣、がんばってます。今後も期待です。

201908171

2019/7 純資産総額

今月は、先月から一気に9.78億円増えて 52.55億円になりました。50億円突破。

201908172

2019/7 資金流出入金額

モーニングスターの月次流出入金額です。(今月はモーニングスターさんにしてみました)

201908173

7月(一番右側の棒)は、資金流入が増えました。6月、資金流入にお休み感がありましたが、その分が7月に流入したとも見えますし、だんだん流入額が増加しているとも見えます。

さて、好調な仕上がりの同ファンドの7月でしたが、8月はご存じのように相場は軟調です。受益者がどういう投資行動をするのか。来月の注目点です。

<ご参考エントリー>

今月の雑感

全世界株式 時価総額指数は、橘玲さんが紹介して以来、インデックス投資家念願のファンドでした。しかも、本ファンドの信託報酬は、0.12%に引き下げられました。(eMAXIS Slim 全世界株式型インデックスファンド3本の信託報酬率が全部0.12%(税抜))向かうところ敵無し。

その信託報酬引き下げのトリガーとなったのが、いきなり低価格で登場した「たわらノーロード 全世界株式」です。(「MSCI オールカントリー・ワールド・インデックス連動「たわらノーロード 全世界株式」登場!)こちらの方は、7/22設定。まだ設定して間もないですが、8/16付けで、資産総額は0.92 億円と微妙なライン。

私見ですけど、全世界株式のファンドだけ安くしてもダメなんじゃないですかねー。今後、さらに価格競争があったときどうなるのか。旧STAM(現SMT)シリーズや、旧eMAXISシリーズの悪夢が私などは想起されて及び腰になってしまいます。たわらノーロードの販売サイドには、先進国株式等々を、eMAXIS Slimなみに間髪入れず下げるという姿勢が欲しいです。インデックスファンドの購入層は、その辺の企業としての姿勢を冷徹に見ているのではないでしょうか。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 私が、さくっと投信をチェックするときの着眼点 | トップページ | 長期投資家と相場の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が、さくっと投信をチェックするときの着眼点 | トップページ | 長期投資家と相場の話 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.