« まとまったお金をシフトするときどのくらいの時間をかけるとよいか? 2019 | トップページ | 資産をどう守るか?2つの観点 »

2019年8月14日 (水)

お盆休みに思う 2019夏

私は早期リタイアしているので、年中、夏休みみたいなモノなのですが、今年の夏は、友人から夏休み企画のお誘いがたくさんあって、妙に夏休み感を満喫しておりました。

遊びにも休養が必要

気が付いたのは早期リタイアのある効用です。それは、遊びにも休養が必要ということ。

私を誘ってくれる友人は、なぜか私より一回りくらい若い人が多く、もちろんみなさん現役なのでせっかくの休日、遊ぶことにも気合いが入ってます。てなわけで、年齢による体力差をカバーするため、寄る年波には勝てない私には休養は重要なのです。でも遊ぶ。人生はどんどん過ぎ去って行っちゃいますからね。新しい想い出はいくつなっても必要なのです。

週休2日の会社にずっと勤めて7日に1日のサバティカル休養はあったはずなのに、なんでこんなに疲れていたの?と思っていたのですが、理由はおそらく、現役時代は、平日は働き休日は遊んでいたため、実はお休みがほとんどなかったということだったのではないかと。サラリーマン稼業をやっていると、会社でも叱られ、お客先でも叱られ、家に帰っても叱られるという、三界に心安まる場所が無い、みたいになりがちですからねー。

というわけで、30年分のサバティカル休養をまとめて取っている私でした。もう少し休めば、また働きたくなるかもしれません。(ご参考エントリー:60歳になったら働こう・・・かな

投資も人生もタイミングの部分はある。

40を越えてから一番大きかったのは、早期退職勧奨=早期リタイアの決断です。有限の人生ですから、生きてるうちにやりたいことはやっておくというのが、父が65歳で脳卒中で倒れたときから思っていたことではあります。

投資も人生は考えていたら間に合わない部分があります。タイミングを考えない長期投資だってタイミングはあるのです。それは「今」。「長期投資に出遅れナシ」です。そして、人生は言うまでも無くタイミング。

20代30代は生きるのが精一杯で結果的にそうなりましたが、40を超えてからは、割と意識的にそうしてきました。目の前に何か扉が開かれたら、リスクをさくっと計算してそれが許容できそうなら飛び込む。そしてその扉の先の道で、また、予期しない扉が開くという連鎖です。

早期リタイアを決断してから4年経ちましたが、後悔どころか大正解、我ながら勘が良かったなと。というか、あと何年かすれば、普通にリタイアの年齢になっちゃうし(笑)。

早めに辞めたからできること、考える時間があることは大きいと感じる、アーリーリタイア4年目の2019夏でした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« まとまったお金をシフトするときどのくらいの時間をかけるとよいか? 2019 | トップページ | 資産をどう守るか?2つの観点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まとまったお金をシフトするときどのくらいの時間をかけるとよいか? 2019 | トップページ | 資産をどう守るか?2つの観点 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.