« 自分が積み立てている投資信託の純資産総額の推移を見てみる | トップページ | 「本音が飛び出す!つみたてNISA座談会」 始まりました。 »

2019年5月28日 (火)

定率取り崩し型ファンドが日本にもできないかな、という話。

今回は、投資信託の運用会社さんにぜひとも読んで欲しいエントリーです。

カンチュンドさんのエントリーに、えっ、こんな、ファンドがあるんだ!というファンドが紹介されています。その名も、Vanguard Managed Payout Fund

カンさんのツイートで「こういう投資信託を日本でもぜひ開発して欲しい・・。」とあり、私も大いに賛同。

 

Vanguard Managed Payout Fund (VPGDX)って、どんなファンド?

カンチュンドさんのエントリーも参考にしながら、ポイントだけ箇条書きにすると、

  • 最低投資額 25,000ドル
  • ファンドオブファンズ。全部バンガードのファンドの組み合わせ。
  • FOFでも、経費率 年0.32%という低コスト。
  • 年4%相当を自動的に支払う。

つまり、定率取り崩し型のファンドなのです。いわゆる、4%ルールです。金融庁からだめ出しをくらっているような定額分配ではなく、定率。ここは重要です。

ポートフォリオとパフォーマンスはこんな感じです。(こちら

20190528

もし、日本でこんなファンドを作るとしたら?

取り崩し世代の私としては、前々から欲しい!と思っていたタイプのファンドです。私の愛する今は買えないウェルズリーインカムファンドは、配当相当分の取り崩しですが、こちらは定率。どちらもタコ足ではないところがミソです。

でも、日本じゃこんなの売ってなーい(>_<)。ということで、もし、日本でこんなファンドを作るとしたら、

  • コモディティーは要らない。
  • オルタナティブは、J-REIT主体?
  • 長期債券、短期債券の比率は、金利状況などから柔軟に判断。
  • 外債は入れなくてもいいが、入れるとしてもヘッジ有り。
  • 取り崩し率は、2%,3%,4%の3タイプを用意する。
  • リスク資産比率は、シニア層での活用にフォーカスして1種類で割り切る。
  • 信託報酬率は、0.2%台。いっそのことバンガードに勝って欲しい。

こんな感じですかねー?

定率取り崩しは、サービスとしての提供も考えられます。これだと、自分の好きなポートフォリオから定率で取り崩せて自由度が高いです。でも、シニア層の活用を考えた場合、ある程度パッケージにしてしまった方がわかりやすい面もあるのかもしれませんね。

日本の運用会社さんにも、ぜひ研究して欲しいと思うコンセプトでした。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 自分が積み立てている投資信託の純資産総額の推移を見てみる | トップページ | 「本音が飛び出す!つみたてNISA座談会」 始まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分が積み立てている投資信託の純資産総額の推移を見てみる | トップページ | 「本音が飛び出す!つみたてNISA座談会」 始まりました。 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.