« 黄金の羽根と小さな非常識 | トップページ | eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2019.2の月次報告 »

2019年3月12日 (火)

「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ コストダウン 2019/3

楽天バンガードさんからのお知らせです。

バンガードさんのサイトのお知らせはこちら↓

「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ コストダウン

ちょっと前に、バンガードのETFの経費率のお知らせがありましたが、その分がバンガードのETFを買っているだけという楽天バンガードシリーズにも反映されたというお話です。 

以下のように変わります。

  • 楽天・全世界株式 インデックス・ファンド 年0.2196%程度 年0.2296%程度
  • 楽天・新興国株式インデックス・ファンド 年0.2496%程度 年0.2696%程度
  • 楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド 年0.1896%程度 年0.2096%程度
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型) 年0.2376%程度 年0.2446%程度
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型) 年0.2496%程度 年0.2546%程度
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型) 年0.2616%程度 年0.2646%程度

じわり、安くなっております。

昨今の信託報酬率の水準について

最近のeMAXIS Slimシリーズなんかは、軒並み0.1%台の信託報酬率が並んでいますから、 楽天バンガードシリーズの0.2%台の信託報酬率は、かすんで見えるかもしれません。

楽天バンガードシリーズは、FOF型(ETFなのでFOE型?)ですから、楽天投信のコスト+バンガードのコストと2重のコストがかかってしまいうので苦しいところもあります。

しかし、そもそも、信託報酬率が0.2%台というのは、かなりの低水準であることに変わりはありません。私が買い換えることもできずストロングホールド中の旧STAM、SMTグローバル株式インデックス・オープンなんて信託報酬率税抜年0.5%。その前の世代は、インデックスファンドでも年1%くらいだったことを思うと、隔世の感があります。

ローコストを維持できる構造が大切

「ローコスト」は、ボーグルさんの基本理念。

とても大事なのは、そのファンドがローコストを追求し続けることができるかどうかです。

それは、運用会社だけでできることではありません。無理矢理下げたとしても長続きするはずがないのです。ファンドを支える受益者がいるからこそ実現できたエコシステムと言えます。

それを成し遂げ続けているバンガードはすごいとあらためて思う今日この頃です。

余談

今後、ゼロコストのETF時代が来るかもしれないと海の向こうでは噂されています。ETFが運用(貸株など?)で稼いだ分をフィードバックすれば実現可能ということらしいです。

仮にそうなったら、楽天投信分の信託報酬が残ることになりますね(^^;)。10年後、どうなっちゃうんでしょうねー。ちょっとスリリング。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 黄金の羽根と小さな非常識 | トップページ | eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2019.2の月次報告 »

コメント

NightWalkerさん、こんにちは。

私もSlimではないeMAXISバランス8資産均等型がそのままの状態です。

信託報酬の差を複利で考えた場合、どのくらいパフォーマンスが改善されるのか、考えるのが面倒だったり・・

Slimのほうにスイッチングできればいいのですが、そう都合よくはいかないでしょうね(汗)

投稿: 眠る投資家 | 2019年3月12日 (火) 15時45分

> 眠る投資家様
コメントありがとうございます。
リバランス、資産配分見直しの時にあきらめて売るくらいしか、手はないような気がします。あとはとてつもなく暴落したときとか。
乗り換えコストの計算は、バリュートラストさんのサイトにツールがありますよ。
乗り換えコストチェッカー
https://www.valuetrust.net/tool/ctcc.htm

投稿: NightWalker | 2019年3月12日 (火) 16時28分

NightWalkerさん、有益な情報をいただきまして、ありがとうございました。

早速、乗り換えを検討したいと思います。

投稿: 眠る投資家 | 2019年3月13日 (水) 15時49分

> 眠る投資家様
計算するとわかるのですが、おそらく今の相場だと譲渡益課税分の回収に10年20年かかるはずです。ので、古いファンドは放置し、新しいファンドを積み立てていくというのが王道です。

投稿: NightWalker | 2019年3月13日 (水) 16時09分

NightWalkerさん、度々失礼いたします。

乗り換えについて、ブログに自分の考えを書いてみました。
http://livedoor.blogcms.jp/blog/flipflop123/article/edit?id=53127544

もしよろしければ、ご意見をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします<(_ _)>

投稿: 眠る投資家 | 2019年3月14日 (木) 09時35分

>眠る投資家様
拝読いたしました。
>売却益を確定申告で還付を受ければ、
たしかに、少額売却で収入が少なく、基礎控除等々で、売却益が控除できれば、非課税で乗換ができそうですね。これ以上は、税制に詳しい方(たとえば税務署)に確認した方が良さそうです。
思わぬ収入があったときのために、このオペレーションは年末に実行する方が良さそうな気はします。

投稿: NightWalker | 2019年3月14日 (木) 17時25分

NightWalkerさん、拙い文章をご覧いただきまして、ありがとうございました。

NightWalkerさんが仰る通り、乗り換え作業は年末に行うのがよさげですね。

この度は、不躾にご意見を求めたにもかかわらず、ご丁寧にコメントをいただきまして、重ねてお礼申し上げます。

投稿: 眠る投資家 | 2019年3月14日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄金の羽根と小さな非常識 | トップページ | eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 2019.2の月次報告 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.