« 自己投資についての雑談 | トップページ | 損切りも利益確定もしない投資 2019 »

2019年2月 7日 (木)

運用会社による投信の直販について考える

日経さんです。運用会社さんが、直販をするという話です。そういえば、三菱UFJ国際さんどうしちゃったのかな。

直販のメリットって?

直販のメリットは、以前も書きましたが、(ご参考エントリー:わたしはなぜ直販投信を買わなくなってしまったのか?

(1)ローコスト(バンガードモデル)

(2)特徴あるファンド(ブティック型)

こんなところにあると考えていました。で、思うのは、今更、大手運用会社さんが直販をして、どう特徴を出していくのかです。記事では、販売手数料無料、ということなんですけど、もう、誰もびっくりしません。普通のネット証券で買っても、ノーロードだらけ。

どうしたら、魅力あるサービスができるのかなあ。ちょっと妄想してみます。

その1 アクティブファンドを激安で売る 

インデックスファンドは、普通のネット証券でも、もう十分安いので、差別化は不可能です。そこで、ラストリゾート、アクティブファンドを激安で売るわけです。アクティブファンドって、信託報酬が1%を超えるものばかりですけど、これを、どかんと信託報酬0.2%とかで大幅値引き。

その2 ゆりかごから墓場までの運用サービス

資産形成期のリスク資産と無リスク資産のリバランスや、資産活用期の定率取り崩しサービス。資産終活期の相続支援。ゆりかごから墓場まで。総合信託システムとでも言うのでしょうか。

その3 まっとうな資産形成術を広める

日本って、個人の金融資産は増える一方です。しかし、投資への選好度は、一向に上がりません。これは、投資教育と密接な関係があります。インデックス投資家も納得の講師陣で全国に塾展開。まずは、株式=悪という洗脳からの解放です。

こんなところでしょうか。うーーん、いまいち、インパクトにかけるなあ。何かいいのありますかねー。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 自己投資についての雑談 | トップページ | 損切りも利益確定もしない投資 2019 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己投資についての雑談 | トップページ | 損切りも利益確定もしない投資 2019 »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.