« 金融庁 2018年最後の「つみたてNISA MeetUp」に参加してきました。 | トップページ | 急落 2018クリスマス »

2018年12月25日 (火)

なぜ投資の質問に答えやすいか?

つみっぷの懇親会の席で、「どうして、みなさん、質問にすらすら答えられるんですか?」と言う質問があり、それには、すらすら答えられませんでした(^^;)。家に帰ってからちょっと考えたところ、二つほど理由を思いつきました。

その1 真似をするのがとてもカンタンな投資法だから

いわゆる「再現性」です。かなりしっかりした理論がベースとなっている「定石」があるわけです。

私が、20年に近く前にピーターリンチの本を読んだときの感想は、「言っていることはいちいちうなずけるし普遍性もある」にもかかわらず「真似できない」というものでした。

しかし、つみたてNISAのバックボーンにあるインデックス投資の場合、「真似するのがとてもカンタン」なのです。

ただ、「真似するのはとてもカンタン」なのに「真似したくなくなることがある」という変な特性もあるようです。いい会社だけに投資したいとか、つまらないとか、実に人間らしい理由があり、それはそれで、投資の醍醐味でもあります。

その2 実体験に基づいた話だから

20年近く体験していることが元になっているので、さすがに身体に染みついていて、聞かれると思わず出てしまいます。なにしろ聞かれなくても出てしまうほどです。

「一人称は強い」のです。

投資は、二人称や三人称では語れないのです。結局、投資も人生も自己責任。ときどき、二人称や三人称で妙に熱心に語りかける人がいますが、その場合は、一歩引いて、その語り部を三人称で見つめると良いかもしれませんね。

以上、「つみたてNISAのバックボーンにある投資スタイルは、なぜ質問に答えやすいか?」という話でした。

株価が下がっている今だから実感する実体験の智恵↓

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 金融庁 2018年最後の「つみたてNISA MeetUp」に参加してきました。 | トップページ | 急落 2018クリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金融庁 2018年最後の「つみたてNISA MeetUp」に参加してきました。 | トップページ | 急落 2018クリスマス »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.