« 私が平成最後の年末年始に読もうと思っている本 | トップページ | 2018年 人気記事ランキング »

2018年12月28日 (金)

その後のアーリーリタイアと自由と制約

以前こんなエントリーを書きました。自由というのは制約があるから生まれるというような話。

その後のアーリーリタイアと自由と制約

これは、いったんセミリタイアして、ひょんなことで再就職してしまったときに感じたことでした。

会社を辞める→自由になる→あれ意外とあれこれできないぞ→働いてみた→自由時間の生産性が上がる。

で、少しでも働きながら、生きていった方がクリエイティブになるのかもしれない、と思ったりもしたのですが、その後、また仕事を辞めて完全リタイア状態になってから思うのは、

 やっぱり働かない方が心が自由

ということでした。自由時間の生産性が下がるのは、単なる怠惰(^^;)。言い訳するなら、長年のサラリーマン生活の疲れによるものでした。もちろん、制約があると自由の価値が高まる、自由のありがたみがわかり、思わず行動力が上がるというのは、あると思います。

自由になってからの充実感の対象は違う

自由になってからの充実感の対象は、サラリーマン時代に「自由な時間があればアレもできるコレもできる」と思い描いていたのとは、きっと別なところにあるのです(ありました)。

サラリーマン時代に、「自由時間があればアレもできるコレもできる」と思っていたことって、往々にして、「遊び」なんですよね。余暇の過ごし方というか。

「充実感なんて要らない、単に自由が好き」という人は深く考えなくても良いし、「充実感が欲しい」という人は、やるべき何かを見つければ良いのです。

それは広い意味での仕事です。

向かい合うスタンスを変えるという手もあります。やりたかったことが旅行であれば、「旅行家」とか「冒険家」という冠を付けた活動に持っていくとか。アウトプットは、旅行記です。

てなわけで、今年は、本を書いたり介護生活が本格化していく中で、そんなことを感じつつも、あっという間に過ぎていった一年でした。

以上、今年最後の「仙人生活」エントリー、今年ももうすぐ終わりますが、来年も当ブログの「仙人生活」シリーズをご愛顧賜れば幸いです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 私が平成最後の年末年始に読もうと思っている本 | トップページ | 2018年 人気記事ランキング »

コメント

初めまして、hattsoraと申します。
 今日まで 充分に 楽しませて いただきました。
 ありがとうございました。
 来年の 毎日の 更新 期待しています。
 

投稿: hattsora | 2018年12月28日 (金) 18時56分

>hattsora様
ありがとうございます。そう言っていただけると励みになります!
あっ、仙人生活シリーズの今年分は終わりですけど、当ブログは大晦日までノンストップ、元旦からもノンストップです。お付き合いいただければ幸いです。

投稿: NightWalker | 2018年12月28日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が平成最後の年末年始に読もうと思っている本 | トップページ | 2018年 人気記事ランキング »

 
 
Copyright © 2005 - 2019 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.