« 投資を始める動機についてのあれこれ | トップページ | アーリーリタイアという名のライフシフト »

2018年10月 5日 (金)

出口戦略 二つのフェーズ

出口戦略を私がどう考えているかについてはいろいろありますが、今回は、二つの出口のお話をしてみたいと思います。

私としては、長期投資の出口には、ふたつあると考えています。

(1)資産形成の終わり

(2)資産運用の終わり

です。

フェーズ1 資産形成の終わり

収入がなくなった今のフェーズです。

(1)ひたすら放置&ひたすらリバランス

(2)相場が大きく変動したときには余剰資金を投入
  (リスク資産が大きく増えたら無リスク資産、
   リスク資産が大きく減ったらリスク資産へ投入)

(3)必要になったら、素直に使う。

これだけとなっています。2番目と3番目は、今のところ発動してません。

蛇足で付け加えるなら、最近、ステキなインデックスファンドが増えたのですが、指をくわえて見ているだけというのが、昨今の状況です。なんで、私の資産形成たけなわの時に買ったファンドは、信託報酬が下がらないんだろうなー。これができないから、フィデューシャリー・デューティは、「仏作って魂入れず」なんですよね。金融庁が指導しない限り、この病気は治らないことが骨の髄までわかった今日この頃です・・・・あっ、また、グチっちゃった(^^;)。

フェーズ2 資産運用の終わり

今、私は、母の介護中ですが、日に日に、文字が書けなくなったり、一人でトイレに行けなくなったりするのを見るに付けても思うのが、いずれ、私も、「リバランスって何?」「定率ってどうやって計算するの?」という状態になることもあるということ。

こうなると、自分自身による資産運用は無理、ということになります。この状態になった場合、いくつかのパターンが考えられます。(正確には、そうなるちょい前に決断しなければなりませんが)

(1)単純に放置し、配当金だけ使う。

(2)ムスコに運用を委譲する。

(3)低価格で信頼できる運用代行サービスが日本にできたら、外部委託する。 

(4)全部、現金化して運用しない。

今のところは、(1)の配当金(+年金)生活パターンを考えています。一部現金化はあるかも。

まあ、天に召された後のことは、私自身にはどうしようもないんですけど、その後も、私の株式資産は、糠床のタネ程度には、残っていて欲しいのであります。

論外なのが、変な人に変な商品を売りつけられることです。でも、コレだけは、どんなにぼけても、脊髄反応的拒否反応。とんでもない老仙人と化して、売り付けに来た人に、小一時間、説教し続けているかもしれません。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 投資を始める動機についてのあれこれ | トップページ | アーリーリタイアという名のライフシフト »

コメント

初めまして。「最近、ステキなインデックスファンドが増えたのですが、指をくわえて見ているだけというのが、昨今の状況です。」というのは、今の私の現状と同じなので親近感を覚えて、思わずコメントしてしまいました。
「1)ひたすら放置&ひたすらリバランス」もリバランスは税金(所得税・住民税・健康保険税)がかかるのが怖くて、私は行っておらず「ひたすら放置」という現状です(^^;;

以上です。失礼いたしました。今後もブログを楽しみにしております。

投稿: いつもブログを拝見しています。 | 2018年10月 5日 (金) 09時41分

>いつもブログを拝見しています。様
コメントありがとうございます。
リバランスは、「過剰なリスクをとっているからやる」「過小なリスクだからやる」ということなので、ご自身のリスク許容度が重要と考えます。
リスク>税金 となったときが、一つ判断ポイントかもしれませんね。

投稿: NightWalker | 2018年10月 5日 (金) 10時46分

初めてコメントさせて頂きます。
「世界一ラクなお金の増やし方」は週一で読み返して熟読しております(^_^;)

出口戦略の件でご質問なのですが、第7章の出口戦略の試算はどの様に計算されたのでしょうか?

① 最初の年1万円だった株価が、1年後5,000円に暴落。
② 9年目にして株価は、13,300円にまで復活するが、翌年6,600円に暴落。
③ 19年目にして株価は、2万円にまで上昇するが、翌年1万円に暴落して、元の木阿弥。

の条件を自分なりにエクセルで計算しようとしたのですが、上手くいきません(+o+)
どの数値を、どんな計算式で行ったか、公開できる範囲だけでも教えて頂けるとありがたいですm( _ _ )m

投稿: 36歳独身(泣) | 2018年10月 5日 (金) 12時38分

>36歳独身(泣)様
拙著をお読みいただきありがとうございました。
あくまで、本図は、イメージ図とお考えいただければ幸いですm(__)m

この試算では、FV関数を使って、簡易的に
利率→初年度 年−50%月割、復活期 年+13%月割
定期支払額→前年残高×試算用の取崩率/12を毎月の取崩額
試算用の取崩率は、支払総額が720万円になるようにするために3.637...%と逆算。

とえいやっと考えて計算してます。

投稿: NightWalker | 2018年10月 5日 (金) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投資を始める動機についてのあれこれ | トップページ | アーリーリタイアという名のライフシフト »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.